木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 若山照彦教授移管手続き

 小保方晴子博士の共同実験者でSTAP細胞論文の共著者でもある若山照彦博士はSTAP細胞論文に疑義があったとして、共著者達に論文撤回を呼びかけました。

STAP細胞成功の発表
2014年1月28日 小保方博士、若山博士、笹井博士が記者会見。
2014年1月30日 STAP細胞論文 二報をNatureが掲載。

 〜様々な疑義が見つかる〜

2014年3月10日 若山博士がSTAP細胞論文撤回を共著者達に呼びかけ。

2014年4月1日、STAP-MTA(試料移管契約書)に捺印。

2015年9月30日、STAP-MTAの変更契約書に捺印。

 若山照彦博士は2014年3月10日に『STAP細胞 確信持てず 論文撤回を呼びかけ』
しています。しかしその一月後に移管契約書に捺印しています。
その契約書には若山博士が自らお造りになられたSTAP幹細胞とキメラマウスの胎子が多数リスト化され、記録されています。

 若山博士はそれを確認、山梨大学と理研と三者で移管契約を結んだのです。
この移管契約書を公開した直後、「原本が改ざんされている」と騒ぐものが出て、驚いた木星が理研に問い合わせたところ、細胞樹立日の日付のタイプミスが見つかり、その契約書を修正をしたため、若山博士は「STAPの存在に確信が持てず」と論文共著者に呼びかけした後に、二回、この試料移管契約書に捺印した事になります。

 木星が理研から届いたSTAP-MTAを見て解ったのはそれだけです。
若山照彦博士はSTAP-MTAに二回判を押した。

 

19)

 画像は 
平成26年4月1日に取り交わした契約書の変更を合意した契約書。若山照彦博士と理研、山梨大学で取り交わしたSTAP幹細胞、STAP細胞実験に使った試料の移管契約書に若山博士ご本人が押した判が確認できる。

a58cc8c7-s


 試料移管リスト。


 
ccc-stapmta

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 暑中お見舞い申し上げます。
木星は耳の激痛に襲われ、我慢出来ずに耳鼻科に駆け込んだところ、「外耳炎」と診断されました。
イヤホンが原因らしく使用禁止命令が老医師から出ました。素敵なおじいちゃん先生でした。
私の耳の穴が普通の人よりも小さく、イヤホンを耳に入れるだけで炎症を起こすんだそうで、「じゃ、どうしたら良いんですか?」と聞いたら「ヘッドホンにしなさい!」ともっともとなアドバイスを頂き、そのまま電気量販店に買いに行きました。ただ免疫力も落ちてるかもしれないな、と思い、少しお休みするかなぁ、と思ったりしてます。


 STAP細胞の記事を何点か非公開にしました。
しかしすぐにまた公開します。
一部誇張や誤解を産む表現があったからで、少し訂正してまた公開します。

 STAP細胞事件は小保方博士が再現実験が出来なかったので日経サイエンスの古田彩氏が「STAP細胞の全否定」を行いました。

 
0498ec33-s

 しかしながら、そもそもSTAP細胞が存在しないのなら、STAP幹細胞、胎盤も作れる万能細胞FI幹細胞もねつ造であり、それを嬉々として公表した場にいた若山照彦博士も同罪です。
多くの科学者、そして科学記者は「小保方博士が若山博士に盗んだES細胞でキメラマウスを作らせていたんだ 」と言うでしょう。そういう告発もありました。
それでは若山照彦博士がES細胞からSTAP幹細胞を作り、そこからFI幹細胞を作った事になります。
ES細胞は幹細胞なので、幹細胞を幹細胞に培養していた事になりますがその科学的矛盾は科学者も科学記者も黙殺します。

  FI幹細胞は論文上は存在しました。胎盤もGFPで光る万能細胞として。
それらは全てES細胞の混入だったと済ませる方が非科学的で真実を覆い隠すものです。
FI幹細胞はTS細胞とES細胞の混入であるとしたデータは小保方博士がサンプル調節したからFI幹細胞は若山博士の関与は薄いとする研究者の意見があります。

 
 しかし、FI幹細胞は全て若山博士が作った、との証言がありますから、現存するFI幹細胞とされるものの疑義は若山博士に向けられるべきものです。

 データサンプルの調整をしたのが小保方博士なら、残存するFI幹細胞とされる試料を作ったのも若山照彦博士です。しかしサンプル調整をしたのは小保方博士だからFI幹細胞の責任は全て小保方博士にあると。

 木星はMTAを手に、出来る限りのコンタクトがとれる科学記者、週刊誌記者に説明しましたが、その公文書を見せても誰もが無反応でした。マスコミのメディアスクラムの影響を最も受けているのが現場のジャーナリスト達でした。

 小保方が再現できないのなら小保方一人が実験詐欺をやった。その先入観、洗脳の深さに絶望しながらも、訴え続けました。「小保方博士一人では実験詐欺は無理だ、STAPは幹細胞、FI幹細胞にしないと死んでしまうんだ、それは若山博士の担当だった、これは小保方博士のみに罪を着せて幕引きを図るメディアスクラムだ」と。

 STAP細胞事件を見る研究者、科学者の目はとてもアンフェアで片目しか開いてない、と思う木星です。

 少し疲れました。


 画像は若山照彦博士が理研から山梨大学へ引っ越すときに移管したSTAP幹細胞の契約書。
たくさんのSTAP幹細胞が作られ、キメラマウスもたくさん成功している。

fdfa3d09-s


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

理研からの若山照彦教授が山梨大学に引っ越すときに作製したSTAP幹細胞関連の移管手続き開示書類です。これだけの物を移管していて、STAP細胞が有るのか無いのか解らない、ES細胞かも知れないは、通らないのでは。



stap1010


拡大判 クリックで拡大画面になります。(一部日付にタイプミスあり)

stap1010002



また、理研が発表したSTAPのGPF発現が実は自家蛍光で死滅発光ならこれだけの細胞群、キメラも出来ないでしょう。
若山博士は引越の手続きの上でマウスの系統の管理をきちんとしておられます。
違うマウスの遺伝子が小保方さんから戻って来ていて、気がつかずに、移転手続きをしていたとは考えられない事です。

遠藤高帆さんが論文で指摘したトリソミーの遺伝子がある細胞で沢山のキメラの子どもが生まれている事になります。
理研、遠藤高帆氏、若山照彦教授、小保方晴子さん、誰かが嘘をついています。(もしくは、全員。)

開示文書画像はリンクフリーです。
転載、引用、ご自由に。(流出文書、怪文書にならないようにクレジットを入れています)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参照ブログ

DORAのブログ http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j


眞葛原雪のHP STAP細胞
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ