木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 若山研究室


  謎に思った事を簡単にまとめました。遠藤高帆博士が解析したFI幹細胞についてです。

  • FI幹細胞をデータ解析したらES細胞とTS細胞の特徴が検出され、二つの細胞の合成かもしれない。
  • ES細胞は遺伝子の特徴がマウスがB6でOct-4-GFP
  • 若山博士はFI幹細胞をOct-4で作製した事は無い。
  • しかし若山博士はこの解析結果の監査をして結果が正確だと確立させている。 
  • FI幹細胞は全て若山博士が作製しており、データも若山博士が作ったFI幹細胞のものでなければならないはず。(小保方博士はFI幹細胞を作製した事はあるが、レコードせず、保存もない)
  • この世に存在しないB6 Oct-4で作られたFI幹細胞のデータを解析され、若山博士はそれにお墨付きを与えている。
  • B6 Oct-4は石川智久氏が「若山研の引越の時に盗まれた」とフライデーに告発した李博士作製のES細胞と同じである。
  • 実際STAP実験に使われていた細胞はB6と129の掛け合わせGFPはGACとアクロシン。
 まとめOct-4で作られたFI幹細胞はこの世に存在しないのにも関わらず、遠藤高帆博士は解析結果を出し、若山博士は「Oct-4でFI幹細胞を作った記憶も記録もない」と言っているのにも関わらず、その解析結果を確立させている。

 若山博士と遠藤博士が科学的には非存在の「Oct-4FI幹細胞」を情報化した目的は何か。
FI幹細胞を「マウスB6 Oct-4」で作られていた事にしたかった理由は何か。
 石川智久氏が小保方晴子を細胞の窃盗で刑事告発する!とフライデーで告発した「窃盗された細胞」の特徴は「マウスB6 Oct-4」

 小保方博士が「マウスB6 Oct-4」の細胞を盗んでFI幹細胞を偽装していたとしたかったからか?
しかしFI幹細胞の中身は理研解析の結果「B6と129の掛け合わせGFPはGACとアクロシン」。

 辻褄の合わない遠藤博士の解析結果。マウスもGFPも違い過ぎ。それにOKサインした若山博士。謎過ぎる科学の世界。


 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 最近になって解った事をまとめてみました。胎盤付きのキメラマウスまで作れるという夢の万能細胞、FI幹細胞についてです。FI幹細胞とはSTAP細胞を身体に分化でるまで育てたSTAP幹細胞をさらに育てて万能性を持たせる事が出来た細胞です。STAP細胞の強化版と言った所でしょうか。

 その細胞を理研の遠藤高帆博士が新手法を使って解析しました。
その結果、FI幹細胞は二つの細胞の特徴が検出され、それはES細胞とTS細胞の様子であると言う事でした。

 ES細胞はそのマウスの遺伝子系統はB6で組み込まれたGFP(細胞の動きを確かめる為の蛍光タンパク質。緑色に光る)の種類はOct-4-GFPでした。TS細胞はCD1というマウスであると。

 しかし理研の調査報告書には若山照彦博士は「FI幹細胞をOct-4で作った事は無い」と証言しています。FI幹細胞は全て若山博士が作製されていますから、これはおかしな話しです。

 遠藤博士はこの世に存在しない細胞を解析した事になります。
おまけに若山博士はその存在しない細胞の解析の監査をして解析結果を確立させています。
ご自分が作った記憶の無いFI幹細胞の存在を認めているのです。


 TS細胞とES細胞はミックスしても一つの細胞にはならない、と多くの研究者が指摘しています。
ですので、FI幹細胞はTS細胞とES細胞のデータを合わせた論文の世界の中にだけ存在した細胞の可能性があります。

 であるならば、FI幹細胞で出来たとされる「胎盤まで全て光ったキメラマウス」の画像はその万能性を確立させる為の合成画像であったという事です。

 実験不正は無かった、とする理研の検証報告に強い疑義を感じます。
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 先に伝えしたように、理研の遠藤高帆博士が解析したSTAP細胞論文データ解析結果に辻褄の合わない所があった事を証明しました。

 理研の報告書には、「若山照彦博士はFI幹細胞を0ct-4で作成した記録も記憶ない」とあり、試料も残ってない、と。

  しかし、若山照彦博士は遠藤高帆博士が「FI幹細胞の解析結果データ」を「ES-Oct4-B6」「TS-CD1」のミックスであるとした解析結果の監修(チェック・サム)をしているのです。

 理研の調査では「FI幹細胞は全て若山照彦博士が樹立した」と 報告されています。
ですので、この解析の誤りに気がつかないはずが無いのです。
若山照彦博士は、自分が作った記憶の無い「FI幹細胞(
ES-Oct4-B6)」の 解析を監修し、問題がないとしていたのです。

  若山照彦博士は、このご自身が作製した記憶の無い細胞の遠藤博士の解析結果をチェックサムをして確立させた事について、説明しなければならいと思います。

 2014年6月に解析された結果でSTAP細胞が「Oct-4 B6マウス」で作られていない事が解っていたにも関わらず、同年7月のNHKスペシャル『STAP細胞不正の深層』で李博士のES細胞「Oct-4 B6マウス」を小保方博士が盗んでいたような放送があったことや、2015年1月に写真週刊誌『フライデー』で石川智久(元理研研究者)さんが李博士の細胞を小保方博士が盗んで若山博士に実験させてたかのような告発をしたことを「それは違います、GFPもマウスも「Oct-4 B6マウス」ではない、と訂正しなかったのでしょうか。

 科学者として、小保方博士の元指導者として、無責任であると言えます。

『週刊新潮』「2015年2月26日号」ではあたかも若山研の引越の時に小保方博士が盗んで実験させたかのような記事に取材協力までしています。

 画像は遠藤高帆氏のSTAP論文解析データのチェックサムを若山照彦博士が確立させていた事に、信頼性が欠けるとしたYOKO-Taniさんの疑問。

 

日経サイエンス古田彩氏「遠藤高帆理研上級研究員がSTAP細胞やFi幹細胞の遺伝子配列データを再解析した論文を発表」関連ツイートまとめ より。


 
tani-STAp

(ちなみに小保方博士もFI幹細胞を樹立させたのでFI幹細胞実験は小保方博士と若山博士のどちらかであるのか不正を認定出来ない、とのODOさんの指摘がありますが、FI幹細胞の小保方博士作製分は記録データに残っておらず、レコードされてないので「小保方博士作製FI幹細胞」は科学理論上存在しません。ですのでFI幹細胞偽造疑惑は小保方博士の方に完璧なアリバイが成立します。) 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は木星通信で度々登場する「試料提携契約書」(MTA)について説明します。
これの理解があると、これから書く記事の内容が解りやすいと思います。
科学的知識は不要です。

 試料提携契約書(MTA)は研究室が他の研究機関に引っ越す時、研究所内で作製された実験成果物のどれとどれを持って行くか、双方で受け渡しの確認をする契約書です。

 たとえば、理研から他の大学へ研究室が引っ越す時、理研に残すもの、大学へ持って行く物を研究室主管の博士と理研と大学の受け入れ責任者が契約書を確認し、三者で捺印し、譲渡の契約が完成します。捺印日は受け入れの日にちではなく、契約が交わされ、譲渡の権利が誰にあるか決定した日になります。

 原則、研究所の研究室で作られた試料(実験成果物)はその研究所に権利があり、移管するときは研究室と研究所が譲渡の取り決めをする事になっています。
それが試料移管手続き書(MTA)です。

  このMTAが何故、小保方晴子博士の『ES細胞窃盗疑惑』に関連するかと言えば、『FRIDAY』やNHK、そして最近の報道『小保方氏から黒いメール』によると「留学生李氏作製のES細胞」は移転先の新居、山梨大学へ持って行くはずのもの、としており、それならMTAが存在するはずですが、木星通信が理研から取り寄せたMTAの原本複写を確認したところ、「留学生李氏作製ES細胞(2011年7月8日&30日作製)」は記載がなく、移管提携の手続きがとられていない事が解りました。

 また再三お知らせしたように、
若山研究室から「ES細胞盗難紛失届け」は理研CDB、山梨大学ともに出されておらず、紛失した細胞を捜索した形跡がありませんでした。
「STAP細胞」実験期間中に他の研究室に盗難事件があったかも、理研に訪ねましたが、そのような事例がなく、当該の書類開示請求も文書不存在でした。


小保方氏から黒いメール』より引用。

47)
55)
26)
 この記事ですが、小保方さんは引越を手伝っていない事が解りました。
ドサクサに紛れて盗む事は中々難しいのではないか、と思いますが、下段では「彼女の試料も若山研究室から回収されていた」となっています。
その時点で、「李氏ES細胞が紛失したどうか」が解ったんじゃないですか?
小保方さんの試料が動いていた事が解るくらいですから、78本もの試料がその時消えたら総量から見て気がつくでしょう。

 なにより、MTAに記載がないのですから「持って行く指示を出していた」と、「引越後に盗難に気がついた」は矛盾します。

 MTA手続きの時に李ES細胞が無い事に気がつく筈ですし、引越後に盗難にきがついたのなら、MTAは完了して、契約書に李ES細胞が記載されてなくてはなりません。

そして、引越前にも後にも「盗難届けは出ていない」事実をもってして、木星通信は小保方氏が「ES細胞を譲渡された」とする証言の方に信憑性を感じます。


 
jpg-large

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ