木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 警戒区域

 2013年2月24日、午後三時から、福島県双葉郡、浪江町の警戒区域に指定された牧場で殺処分の牛を生かし続けいてる「希望の牧場ふくしま」の吉沢正己さん(58)が東京渋谷の駅前で街宣を行なった。

 吉沢さんは日曜日の買い物客で賑わう渋谷の駅にバンを停め、ハンドマイクを握って「子ども達の未来の為に、農家の為に原発の無い社会を」と訴えた。

 吉沢「このままでは、僕たちの未来は、子ども達の未来だってない!皆さん、今止まっていた原発の運転がこの秋にも自民党によって、再稼働の話が本格的に持ち上がるでしょう。でも大地震は来る。大津波が起きた、もう、ああいうのが二度と起きない、そんな事はないだろう。今日本の地震は活発化しております。あのような15メートルの津波がくれば持たないのは日本の原発、どこも同じです。

 再び放射能まみれの汚染事故、双葉郡の二の舞を起こしてはならないのです。昨年来より、首相官邸や国会議事堂を包み込むような、毎週毎週の抗議のうねりが続いております。

吉沢2394



 皆で広く連帯をして、皆で深く連帯をして、どうしても、子どもや孫達の未来の為に原発の時代を乗り越える。ヨーロッパやドイツでたどるような、そういう国作りの為に皆で頑張っていきましょう。
福島県双葉郡、浪江町。僕らの町が酷い放射能まみれにされてしまった。皆追い出され帰れない。なんで町の意味が無くなるような仕打ちを受けなければならないのか。

DSCN


 残りの人生をかけながら。東京電力の責任、政府の責任、原発依存の有り様を問い続けたいと思います。皆で日本の子ども達の未来の安全の為に 農家の皆さんが放射能の被害を気にしなくて住む様な、そういう日本の未来の為に力を尽くそう!皆様どうぞ宜しくお願い致します。」

む386


 吉沢正己さんは昭和29年3月6日生まれ。
千葉県四街道市の出身。東京農業大学畜産科卒業。

_M牧場という名前から「希望の牧場ふくしま」に名前を変えたのはどうしてですか_

吉沢「3・11前は牧場は牛を預かって太らせて売る経済活動をしていました、しかし、被曝してしまったので350頭の牛はもう売れない、政府からは殺処分しろと命令が来ました。国にとっては迷惑な存在なんです。しかし、我々牧場は生かし続ける事を選んだ。原発事故の生き証人として生かし続ける事にしたんです。もう経済活動ではないので『希望の牧場 ふくしま』と名前を変えました」

__吉沢さんは何処に住んでいるんですか__

吉沢「牧場です。だって牛が餓死しちゃう。牛飼い農家の意地にかけても、牛を殺す事は出来ない。(警戒区域の)ペットは保護されるのに家畜には殺処分される、て、なんだと。同じ命じゃないか、と。
これは経済じゃないんです、ベコ屋の哲学なんです。」

__警戒区域に住んで不自由はないですか__

吉沢「郵便が来ない、新聞が届かない、宅急便が届かない 新聞は南相馬に行ってコンビニで買います。電気、水道も来てる。薪ストーブで温かい暮らししてるし。ま、新聞は見たいし。宅急便は連絡あって取りに行きます、色んな支援の物資が届くので」

___これからもずっと浪江町の牧場に住み続けるのですか__

吉沢「吉沢「牧場は居住制限区域に改定されました。だから罰則はなくなったんです、牛を生かすと決めた以上、被曝は覚悟しています」

___有難うございました__

 寒風吹きすさぶ渋谷の町に「僕らの町は意味が無くなった!原発の無い社会を作りましょう!」
と叫ぶ吉沢さんの声が響き渡っていた。
足を停め、耳を傾ける人びとが増えて行き、吉沢さんの希望が実現する事を祈りたい。

『希望の牧場・ふくしま』支援物資の宛先は
〒979−1501
福島県双葉郡浪江町立野春卯野157

吉沢正己さん まで。



希望の牧場公式ブログ
 
む399

bokuzixyou409


    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年2月16日、午後二時から東京・三鷹市の芸能劇場で警戒区域に指定された牧場で被曝した牛を生かし続ける「希望の牧場・福島」代表の吉沢正己さんが講演会を行ないました。
150人を収容する会場は満席、立ち見も出る盛況となりました。 

 2011年3月11日まで吉沢さんは福島の浪江町にある牧場で約300頭の牛を預かり、繁殖・肥育を手がけていました。3・11の福島第一原発事故後は牧場が警戒区域に指定され、被爆した牛は国から殺処分の命令が出ました。吉沢さんは東電、政府に抗議行動を開始して、警察に警告を受けながら、今も牛達に餌をやり続けています。

【国は情報を隠している】
 吉沢さんは登壇すると、スクリーンに映し出された牛や豚の死骸の写真を背中にして、警戒区域で牛と共に生き続ける事で「原発を乗り越えた社会を作りたい」と、訴えました。

吉沢「11日に大地震が起きました。そして津波、それから原発事故。12日に 福島県警の通信隊が来て、牧場を映像中継基地として貸してくれと言って来ました。一号機が午後三時半に水素爆発して通信部隊は「とうとう来るべき物が来てしまった。撤退命令が出たから我々は申し訳無いけど帰るけど、国は情報を隠している。牧場の人はここに居ない方が良いよ」と言いながら帰って行きました。僕は何の事か分らなかったけど、県警の通信部隊の人達は政府が「SPEEDI」情報を隠しているのを分っていたんだと思います」

牛の死209

吉沢さん2 【放射能に逃げ惑う浪江の人達】
 吉沢「3月11日の日、浪江町の港の方には助けを呼ぶ声とか車のクラクションの反応とかそういうのがあったそうです。でも救援を断念して、12日早朝に浪江町長はテレビを観て全町をあげて、山間部の津島に避難を決めたんです。凄い数の人が津島に移動しました。

 自衛隊は装甲車とか部隊がテントを張って構えていました。警察の人達は線量計を持って「放射線は千倍あがっている」と何回も検問で止められるんですけど、かいくぐり、牧場に餌をやりに行きました。3月14日に三号機が爆発するんです。僕はその音を聞いてしまいました、牛舎で餌をやっていると遠くで重い花火が上がる爆発音が連続的にしました。11時の事です。

 その日は暖かく、山の方に南風が吹いて、雨が降り、やがて雪になりました。浪江町の人は人口の半分、9千人が津島に固まっていました。津島の人と会わせて約一万人固まっていました。なのに、そこに、放射能が猛烈に降ってしまった。

 浪江町の避難に当たって一切の情報の伝達はありませんでした。東電からも国の方からも、オフサイトセンターからもなにも連絡は寄越しませんでした。
でも分ったんです。15日の日に二号機、四号機の爆発があった。とんでもない放射能が津島に降っていると。(津島にいた)浪江町の人達は総崩れになって二本松に逃げました。
その光景も僕は見ていました」

【自衛隊、消防団、警察は 「決死救命」】
 吉沢「20日に出荷する予定の牛が居たんですが、出荷先から断って来ました。被爆した牛は意味がないと。四つも原発の建屋が吹っ飛んでしまって。僕は17日、自衛隊の(三号機への)空からの放水作業を双眼鏡で見ていました。そして原発の排気塔の高さまで真っ白い噴煙が上がるのを見てしまった。
とうとう見てしまった。自分の目で見てしまった。そして東京電力は第一原発から撤退をすると言う報道が流れました。
 17日には自分の牧場、もはやこれまで、と思いました。そして東電に行って「なんで逃げちゃうんだ」と言わなくちゃいけないと。
あの時はガソリンがなかったんです。ガソリンスタンドにはガソリンがなかった。自分の農場にあった軽トラの古い廃車からドライバーで穴空けたら洗面器にちゃんとガソリンが出て来たんです。

 あの自衛隊の人達、東京消防庁のレスキュー隊の人達、あの決死の放水作業の中で彼らはきっと死んじゃうだろう。彼らが日本の危機を救うだろうと感動しました。彼らは決死隊、決死救命だ。
彼らのそういう組織だった闘う力によって原発の危機を押さえ込む事が出来る。
そして自衛隊の人は何人か死ぬだろう。「決死救命・団結」そう看板にスプレーで書いて東京電力に向かいました。東電の場所はだいたい分っていました。18日の日、東電に着いて「300頭の牛が死んじゃう!」とワーっと泣いたらビックリして機動隊も警察も通してくれました。

吉沢


 私服の刑事さん二人も応接室に入って来て。何かあったらいけないだろうと言う事で。僕はかまわないよ、と。

 出て来た東電の総務の主任さんに 「絶対裁判するぞ。なんでアンタ達にげちゃうんだ」と。自分達が作った原発自分達が動かしている原発、それが制御できないでどうするんだ。今東電がやる事は自衛隊の人達と放水する事だろう。俺だったらホース持って建屋に飛び込んでいくよと。総務さん、最終的に泣いちゃうんです。で、行って良かったな、と思いました。意味があったと思いました。農水省にも「国としてこの牛達を助ける手だてをして欲しい」と言いました。

 原子力安全保安院にも「安全だと言って来た。だけどあの三号機の爆発、14日はプルサーマル運転中だっただろう。福島県にプルトニウムが汚染が飛び散っただろう」と。
一週間ほど東京に居ながら、車に寝泊まりして。僕らは放射能まみれで真っ暗で。でも東京は計画停電で少し暗いだけだと、うん」

【警戒区域に指定された】
 吉沢「牧場は2011年4月22日に警戒区域に指定されました。(許可証無く立ち入ると)罰金10万円です。でも市役所からは許可証を出してもらえませんでした。牛を餓死させない為に、バリケードをずらしたりして餌を置きに行きました。でもお巡りさんに見つかったりしました。書けって言われるから、始末書を何枚も書きました」

【殺処分の通達が来た】
 吉沢「5月22日に総理大臣指示で警戒区域で餓死以外に生き残った被曝牛の殺処分の指示が来ました。
農水省や県の方から農家に同意を求める説明会がありました。浪江の農家も凄く揉めました。
農家に同意を求めるという事ですけど、半分強制なんですね」

【浪江町のキノコは四万ベクレル】
 吉沢「僕らの体験した避難民、被曝民の声は伝えなくてはいけない。こうなるんだよ、こうなったんだよ。(原発事故後)浪江町のキノコは四万ベクレルになった。東電に「お土産だよ、食べれないけど。」と置いて来た」

 吉沢さんは一時間程、満員の聴衆に向かって警戒区域で牛を生かし続けて行く事で原発事故に向き合い、原発の無い社会作りに向けてメッセージを発信し続けて行きたいと訴えました。

【参加者達の声】
 会場の参加者に感想を聞きました。
男性「僕は東京都民ですが、人ごとじゃないし、福島から電気を送って貰っていた事になんの疑いも持たなかった。僕らも被害者で加害者なんです」
女性「Twitterなどで見ているのと違って、生で声を聞く事は大事だと思いました」

 講演中、「希望の牧場 福島」を支援する為のカンパ袋が会場で回され、集まった金額は128,665円になり、全額が「希望の牧場 福島」に寄付されるというアナウンスが流れると、会場は暖かい拍手に包まれていました。

『希望の牧場・ふくしま』支援物資の宛先は
物資の送付先】

975-0042

福島県南相馬市原町区雫南大江下258-3

ヤマト運輸原町小高センター止め

 希望の牧場・ふくしま

 (エム牧場 浪江農場)

 針谷 勉 宛

 090-1279-2106


なお、

ご送付の際は、希望の牧場・ふくしま事務局宛てにメールをして欲しいという事でした。

kibouno.bokujyou@gmail.com



 希望の牧場福島 公式ブログ
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ