木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 輸血


庭山由紀さんに群馬県桐生市の汚染状況と市民の反応を聞きました。
「被曝実態は空間線量よりも、土を調べる方が良い」
「セシウムだけで他の核種の事を言わない学者は御用学者かも知れない」などと、興味深いお話を聞くとが出来ました。
識者の集まりなどでは聞く事のない、日常で被曝と向き合う人の切実な気持ちを伺えたと思います。


【空間線量よりも土を調べよう】

行政で地上から50センチ以上の所で空間線量が0,23以上ないと除染しませんといってるじゃないですか。可笑しいと思いました。
9月から土を調べています。 
空間線量が土のベクレルと比率して高くなってるかというとそうじゃないんです。
空間線量が低くても土のベクレルが高かったりする事があって。
空間線量を高い所で計る時と 低い所だと放射線量が高いところを計らないようにして、しかもガンマ線しか拾えない計量器で計ったりしてる事は、実は空間線量を計って本当の放射能汚染を誤魔化そうとしているんじゃないかと思っています。土を調べると違うんです。
ヨウ素とセシウムの事しか言わない学者も隠れ御用じゃないかと思う事があります。

爆発があって、色んな核種が飛んでくる訳ですよ
10年20年30年じゃ済まない、しかも猛毒の物がある。
土を調べて行くと、ストロンチウムの他、プルトニウムがどうも出そうなんです。
桐生でですよ。民間の人が調べている所ですが。
そういう状態なのに、皆さん何やってるの!
だから、セシウムしか言わない学者は隠れ御用ではないかと思っています。
健康被害の事とか瓦礫の事とか (学者を)信じそうになったんだけど怪しいですね。
他の核種に触れないのは怪しい。

【PTAでは被曝の事はタブー】

桐生市は放射能対策で子供のお弁当と水筒持参の意志は尊重されていますと学校のPTAの広報誌の小さなスペースに書こうとしたら、PTAの会長さんに凄い剣幕で怒られました。
お母さん方も会長さんの指導に従うとの事でした。
桐生市は福島の次に放射能汚染されています。
山間部も酷いし、そこで作った食材も流通してます。
学校の給食食材にもそれが入って来ているんです。
桐生市教育委員会は群馬県産の白菜から18ベクレル出ているのに情報隠蔽した。
そういう事やってるから(給食は)危険なんですよ。
教育委員会にも認めてる事だから書いても良いんじゃないか、と言っても駄目でした。
情報を貰ってもそれを咀嚼出来ないんです。
自分も、自分の子供の命も安易に考えているんだな、と実感しました。
学校は300人前後なんですが
放射能の事考えてるお母さんは10人いないと思います。
実際持参してるのは二件か三件、ゼロという所もあると思います。

【各自、各家庭で情報を考え、咀嚼して欲しい】

原発が爆発したんだから、そこから考えて調べて欲しい。
放射能をバラまいたのは東電です。そして検査を放置しているのは厚生省でしょう?
議会の中でそうなんですけど、放射能や血液の問題を指摘した私が悪くて問題は何も解決してない。
日赤に問い合わせたら、「ふくいち」の作業場で100ミリシーベルを浴びた人は献血の制限をしてる他以外は何も検査もしていない。
それはないでしょう?


議員時代に作った議会の告発チラシを持つ庭山由紀さん。
議員達から「赤チラシ」と恐れられていた。

niwayamaN1823

















庭山由紀さんのプロフィール。
1968年8月10日生まれ。身長170センチ。
最終学歴 名古屋大学大学院国際開発研究科終了(学術博士)
     日本大学大学院農学研究科修了(農学博士)

庭山由紀語録「土を計ると違いますよ」「セシウムしか言わない学者は隠れ御用の匂いがする」
「怒る事はとても大事」「バカにはバカって言っても良いの」
「バカは相手にしない。バカは反省しないから」


除名されて自由になった、とサバサバした様子でした。

2012102216270002
    このエントリーをはてなブックマークに追加



__今日はお忙しいところ、有難うございます。庭山さんは下のTwitterの発言で大きな反響がありました。非難もあり、擁護もありました。それについて、発言の真意をお伺いしたい、と思っております。宜しくお願いします。__

2d0e18ca
























庭山「(発言の)反応が早くて、裏で誰か(炎上を)やらせてる人がいるんじゃないかと思っています。何かありますよね」

__国民全体を被曝させたい人がいるような感じですか__

庭山「それはあるかもしれない」

__あのTwitterを見た時、あ、血なんだ、血でも被曝汚染が広がる事があるんだと気がつきました__

庭山「このTwitterの何ヶ月か前には「尿から出ました、母乳から出ました」って出てたじゃないですか?」

__セシウムですね__

庭山「それなのに事故前と同じ生活をしてる訳じゃないですか、基本的にほとんどの人が普通に献血してるじゃないですかそっちの方が驚きでしょう?」

__福島の人への差別発言だと非難されましたね__

庭山「盛り上がったけど、あれを福島差別だって福島のふの字も書いてないし、「見えない文字まで見える超能力者か?」みたいな」

__そうですね、福島と関係したTwitterではなかったですね__

庭山「献血する人の気持ちを傷つけた!っていう人達は汚染されたかもしれない血を献血された人の身になって見て下さいよ。輸血された血が汚染された血だったら、その時は一時的には助かっても、被曝してしまう訳で」

__被爆したら献血したらいけないですね__

庭山「何処が差別なのか教えて欲しい どこが差別なんですか?福島のふの字も書いてないし。
献血する人の気持ちを傷つけたって、善意だったら被曝した血を蒔いて人を不健康にしてもいいの?悪い事しても良いのか?って事ですよね」

__善意でエイズ患者の血を輸血する事はないですね__

庭山「肝炎の輸血が制限されてるのもがあるでしょう?善意があって良いのなら、その人達の制限も解くべきでしょう?でも問題があるから制限されている訳でしょう?」

__予防ですね。予防医学です。__

庭山「そうそう、放射能で汚染されている所の、外部被曝しーの食べて内部被曝しーのって言う人の血を輸血していいの?そのままで」

__高崎の観測所では事故後高い線量が観測されています。群馬も原発事故によって汚染されている事は確かです。場所や血液の被曝を認定する事は差別に繋がるのでしょうか__

庭山「差別に飛んだ理由が分らなくて、私はあのTwitterが炎上したのは多分皆さんが食べて応援って言ったりして、
頑張れよ東北とか言っちゃってて、私はいい人気取りで一生懸命やってけるど、でも自分達は被曝してるかも知れない、マズいかもしれないと本当は思ってる所に、心配してた所に、痛いところに、私がびしーっと切り込んじゃって、痛いんじゃん!ってなった。皆が心配したところに痛かったかのかな」

__認めたくない被曝実態を突きつけられて混乱したという事ですか__

庭山「被曝は目に見えないしどう対処していいか分らないから、無かった事にしたい。
でも本当は心配なんでしょ?でも放射能は目に見えないし面倒臭いし、いい人になりたいし、でも、もし私のTwitterが本当になんでもなくて、皆さんの心に何も突き刺さる物がなければ普通スルーですよね。それをなんで皆さんそんなに立ち止まったんですか、なんでなのかは伺いたい。皆さんが立ち止まった、痛かった(私の)Twitterがあるでしょ。どこが痛かったの?本当は皆さん自分の健康心配よね。自分の子供が心配よね?遺伝子傷害とかって!?と聞いてみたい」

__自分が被曝者だと認められない?という事ですか__

庭山「放射能なんか心配ないんだー全然大丈夫なんだー影響なんかないよー誰も死んでないじゃないか、バカヤローって、思いながら、でも実は心配。目に見えない恐ろしさってあるじゃないですか?本当は皆さん(被曝が)心配なんだと思いますよ」

__だからあれほどの反響があった、という事ですね__

庭山「問題を指摘した私じゃなく、問題に向いてくれない?って思います。私を叩いても放射能消えないし、差別
に繋がるから気をつけないとって思います、そうならないように、対策を練る事が事ができるのが今の筈なのに。今(私の発言を)差別だ、差別だって言ってる人達が差別される事になる。被曝を差別ってこのままにしていたらそうなりますよ」

__輸血されてそこから被害が出れば、かえって被曝者に差別が生まれるという事ですか__

庭山「実際例えば、遺伝子傷害を受けてどう言う子供が生まれてくるか分らない事になる。チェルノブイリハートのような前例があるのに、対策出来るのは今なんじゃないですか?それもやらずに差別だ差別だって。お前達が差別される土台を作っちゃってるんじゃないですか?バカヤロー!って」

__庭山さんの発言の真意は被曝の被害を食い止めたい気持ちからだと言うのがよく解りました有り難うございます__


原発事故が起きて被曝地が発生した地域で献血を停止する事は無かった。
杜撰な管理は日赤側にあると言える。
一人の女性の呟きで、被曝予防に無頓着な国、自治体の実態が明らかにされたのに、誹謗中傷があるのはとても残念な事だ。

次回は桐生の被曝状況をお聞きした物を掲載します。

niwayamaN1858


輸血の被曝汚染について語る庭山由紀さん。

インタビュー日時10月22日午後三時、池袋ロフトの喫茶店で。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ