木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 遠藤高帆


  謎に思った事を簡単にまとめました。遠藤高帆博士が解析したFI幹細胞についてです。

  • FI幹細胞をデータ解析したらES細胞とTS細胞の特徴が検出され、二つの細胞の合成かもしれない。
  • ES細胞は遺伝子の特徴がマウスがB6でOct-4-GFP
  • 若山博士はFI幹細胞をOct-4で作製した事は無い。
  • しかし若山博士はこの解析結果の監査をして結果が正確だと確立させている。 
  • FI幹細胞は全て若山博士が作製しており、データも若山博士が作ったFI幹細胞のものでなければならないはず。(小保方博士はFI幹細胞を作製した事はあるが、レコードせず、保存もない)
  • この世に存在しないB6 Oct-4で作られたFI幹細胞のデータを解析され、若山博士はそれにお墨付きを与えている。
  • B6 Oct-4は石川智久氏が「若山研の引越の時に盗まれた」とフライデーに告発した李博士作製のES細胞と同じである。
  • 実際STAP実験に使われていた細胞はB6と129の掛け合わせGFPはGACとアクロシン。
 まとめOct-4で作られたFI幹細胞はこの世に存在しないのにも関わらず、遠藤高帆博士は解析結果を出し、若山博士は「Oct-4でFI幹細胞を作った記憶も記録もない」と言っているのにも関わらず、その解析結果を確立させている。

 若山博士と遠藤博士が科学的には非存在の「Oct-4FI幹細胞」を情報化した目的は何か。
FI幹細胞を「マウスB6 Oct-4」で作られていた事にしたかった理由は何か。
 石川智久氏が小保方晴子を細胞の窃盗で刑事告発する!とフライデーで告発した「窃盗された細胞」の特徴は「マウスB6 Oct-4」

 小保方博士が「マウスB6 Oct-4」の細胞を盗んでFI幹細胞を偽装していたとしたかったからか?
しかしFI幹細胞の中身は理研解析の結果「B6と129の掛け合わせGFPはGACとアクロシン」。

 辻褄の合わない遠藤博士の解析結果。マウスもGFPも違い過ぎ。それにOKサインした若山博士。謎過ぎる科学の世界。


 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 最近になって解った事をまとめてみました。胎盤付きのキメラマウスまで作れるという夢の万能細胞、FI幹細胞についてです。FI幹細胞とはSTAP細胞を身体に分化でるまで育てたSTAP幹細胞をさらに育てて万能性を持たせる事が出来た細胞です。STAP細胞の強化版と言った所でしょうか。

 その細胞を理研の遠藤高帆博士が新手法を使って解析しました。
その結果、FI幹細胞は二つの細胞の特徴が検出され、それはES細胞とTS細胞の様子であると言う事でした。

 ES細胞はそのマウスの遺伝子系統はB6で組み込まれたGFP(細胞の動きを確かめる為の蛍光タンパク質。緑色に光る)の種類はOct-4-GFPでした。TS細胞はCD1というマウスであると。

 しかし理研の調査報告書には若山照彦博士は「FI幹細胞をOct-4で作った事は無い」と証言しています。FI幹細胞は全て若山博士が作製されていますから、これはおかしな話しです。

 遠藤博士はこの世に存在しない細胞を解析した事になります。
おまけに若山博士はその存在しない細胞の解析の監査をして解析結果を確立させています。
ご自分が作った記憶の無いFI幹細胞の存在を認めているのです。


 TS細胞とES細胞はミックスしても一つの細胞にはならない、と多くの研究者が指摘しています。
ですので、FI幹細胞はTS細胞とES細胞のデータを合わせた論文の世界の中にだけ存在した細胞の可能性があります。

 であるならば、FI幹細胞で出来たとされる「胎盤まで全て光ったキメラマウス」の画像はその万能性を確立させる為の合成画像であったという事です。

 実験不正は無かった、とする理研の検証報告に強い疑義を感じます。
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
こんにちは。
私のサイト、いま別件で訪問者が増えてるから、STAP細胞事件の記事も読んでくれてるみたいなの。
「科学の事は解らないけど、この事件、匂うわね」なんて言ってもらったりして。

 だから科学の予備知識が無くても解るように書いてみるわね。
ちょうど今、夏休みが始まるから、お子さんとも読んでみて。

 さ〜て始まるよ〜。夢の万能細胞、STAP細胞事件の推理、始まり始まり〜。
実験捏造したの、誰だったのかしら〜?真犯人は◎◎研究室の◎◎◎博士〜?

 ☆STAP細胞とは?
小保方晴子博士が、マウスから取り出した細胞を弱酸性の液に浸けたら生き残った細胞を見つけたの。
その細胞は刺激を受けて、受精したてのような身分化の細胞になった、という事なのね。
それをSTAP細胞、と呼ぶ事にした。

 それから、ここが一番肝心な事なんだけど。
STAP細胞は一種類じゃないの。
この細胞を死なないようにそだてて(培養)色々な身体の器官に分化出来るようになったのがSTAP幹細胞。
この培養担当は若山照彦博士なの。

 STAP幹細胞は万能とは呼べない欠点を抱えていて、それを克服しようとさらに研究して、STAP細胞を進化させたのね。そうすると、全ての身体の部分を作れる夢の万能細胞、『FI幹細胞』が出来たという訳。これが実は『万能細胞』なの。

 そしてこれを作ったのは若山照彦博士なのね。
そうSTAP細胞実験は小保方博士と若山博士の共同実験なのね。

 ここまでが基本的な知識なの。
まあ、STAP細胞事件の主な出来事を理解する上で、おかしな点に気がつくのは『STAP細胞は一種類じゃない、成功出来たのは小保方博士と若山博士の連携プレー』を頭にいれている人ね。

 さて、STAP細胞の論文に怪しい点があると、若山博士が論文撤回呼びかけしたのが'14年の3月10日。
それから同年6月、博士が第三者機関の(実はお友達に解析を依頼)解析結果を公表した頃から匿名掲示板に怪しい情報が書き込まれ始めたの。

 『小保方が引っ越しのどさくさに若山の所から盗んだ細胞が箱ごと発見されたことも公表しろよ。丹羽のTSもたくさん出てきただろ。相澤も小保方さんを励ましてあげようなんて言ってるんじゃねーよ。お前、監視役として検証チームを組織したんじゃなかったのか?』

 あたかも、内部告発よね。
いかにも真相を内部の(理研の)人が通報したみたいじゃない?
小保方博士が盗んだ細胞で実験を捏造していたと。
でもね、これはすぐに可笑しいと思う人も多かったのね。
でもね、このまま騙された人も多かったのね。

 で、やっぱりSTAP細胞論文を解析したらーマウスの由来が怪しいとか、使ってないマウスが使われていた、とかSE細胞と TS細胞の混合だとか「怪しい」って事になったんだけど、例えば、マウスの種類が論文に使われていた物と違うって一見大事な事のようだけど、そんな事はどうでも言い訳。

 メディアは一番大事な事を隠している訳。
つまり、誰かを庇い、何かを隠してるのね。

 STAP細胞は一つじゃなく、若山照彦博士が監督しないと全ての実験が成り立たない事。
 その、いい?ここが肝心なんだけど、そのFI幹細胞を作った(樹立)のは若山照彦博士だと、言う事なのね。

 STAP細胞→STAP幹細胞→FI幹細胞で万能細胞が完成するのね。
なら実験捏造は若山博士だって事になるんだけど、何故か世論はそうはならない。

①STAP細胞は弱酸性の液に浸けて生き残った細胞 (増殖ぜず、すぐ死んでしまう)
②STAP幹細胞はそれを育てた細胞        (増殖するが、胎盤への分化はなし)
③FI幹細胞はらさに進化させた万能細胞      (増殖し、胎盤にも分化する)
 
 でぇ、ES細胞は増殖能力があってSTAP細胞みたいにすぐ死なないの。
だからもし、小保方博士が①の段階でES細胞をSTAP細胞だとしてもすぐばれちゃうのね。
③はES細胞とTS細胞の混合であれば、それを樹立したと証言した若山博士がそれをした事になる。

 でも世の中の人は誰もそこを指摘しないの。こんな簡単な事なのに。
マスコミは毎日新聞、日経サイエンス、NHKが小保方批判の急先鋒で世論を先導して来たけど、マウスの違いや解析結果をいつも散々喧伝して来たけど、この一番肝心の「STAP細胞は一つじゃない。
培養は若山照彦博士の担当で夢の万能細胞、FI幹細胞も博士が樹立した」って事を全く報道しないのね。

 わざとかしら。STAP細胞、小保方がES細胞で捏造って、ざっくばらん過ぎるでしょ?
いかにも何か大切な真相を誤摩化してるでしょ?

 遠藤高帆博士が「FI幹細胞はES細胞とTS細胞の合成だ」と看破されたのなら、それを樹立した、と仰る若山照彦博士を告発しなきゃ変。
何故か小保方博士が合成した事になってる。
それは先に流れた匿名掲示板の「小保方がES細胞とTS細胞を盗んだ」っていう怪情報が流れていたわけだけど、この①②③の実験の手順を踏まえると、小保方博士が細胞を盗む意味は無いのよね。

 それと、何度も木星は書いて来たけども、『小保方が引越の時にES細胞とTS細胞を盗んだ』
っていう怪情報だけど、若山研と丹羽研が引っ越したのが'13年の三月。
STAP細胞実験をしていたのが'12~13年三月までなの。
つまり怪情報さんは小保方さんは実験が終わった後に、細胞を盗んでその実験に使っていた、と告発してる訳。バカバカしいでしょう?

 STAP細胞のリーク情報ってこんなのばっかりなの。
かなりバカよ。理系なのに時系列も数えられないのね。かわいそう。
つまりこの怪情報は小保方さんにFI幹細胞の捏造の罪を着せる為のデマ情報だったのね。
誰が流したのかしら。

 若山照彦博士の論文撤回呼びかけ→遠藤高帆博士のFI幹細胞はESとTSの混合だ→匿名掲示板怪情報
小保方がESとTS盗んだ→石川智久小保方晴子さんは細胞を盗んだ!刑事告発する!
って妙に奇麗な連携プレーだけど、時系列が合わない怪情報に若山照彦博士が自分でFI幹細胞作ったと証言して、盗まれたとする時期も辻褄合わないからぐっゃぐっゃなのね。

 結局、細胞の合成したの誰なのか。
合成できないのなら何故そんな解析結果を出したのか。
調査するのはそこ。

 マウスの種類がどうたらいうのは私たち素人が混乱するように仕向けたかく乱情報ね。
で、この実験を主管していたのは若山研究室なのだから、本気で調査するなら、若山研究室を押さえて資料を公開すればと思うのだけど、マスコミがやるのは「自家蛍光を誤認したの」「実験ノートがない」だの小保方博士のネギャキャンばかり。
エビデンスを取らなくて何が科学報道かしらね?



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
20)
 STAP細胞を追及したおなじみの古田彩さんの「日経サイエンス」の記事ですけど。
引用〜「STAP細胞を培養して作ったとされる『FI幹細胞』のうち、遺伝子解析実験に用いたものはES細胞とTS細胞(栄養膜幹細胞)の混合物とみられる。」〜引用終わり。

 これ、遠藤高帆さんのSTAP細胞データを解析した論文。
ニュースにもさんざん載りましたね。あたかも あたかも、それが事実であるように。
事実と証拠、研究結果の積み重ねが『科学』なら、よくもまあ、1研究者の「解析結果論文」が「捜査資料」のように扱われて「事実」だと、それだと、それが「正体」だと。
科学記者が断定出来たもんだ。

 わたくし、生物学は素人で実験もした事ないですけど、言わしてもらえれば、「FI幹細胞」が「ES細胞とTS細胞の混合物」ならSTAP細胞から幹細胞、FI幹細胞を樹立した若山照彦博士が偽造した事になりますよね?

 違うのかしら。
きっと違うわね。だってだれからもそんな指摘ないから。
きっと私の勘違いね、思い込みねー。

 だって小保方博士をES細胞窃盗の罪で刑事告発しようとした石川智久氏も最初は実験捏造した、と指摘しておられたけど、最終的にはこれから捏造に使う為に誰かが盗んだ。
って被疑者不詳になっちゃったの。

 じゃあ、今迄の実験はFI幹細胞(ES 細胞+TS細胞)は誰が偽造していたのかしら。
小保方博士がSTAP細胞だと若山博士にES細胞渡していたらそこにTS細胞足さなきゃいけないわね?
それくらいは解るの。

 「フライデー」の記事だと小保方博士、ES細胞を「自称STAPだと」言って渡していた、事になりますけど、それからFI幹細胞にするのは若山博士のご担当なの。

 きっとアンチ小保方は言うわね。「小保方はES細胞とTS細胞を混ぜて若山博士に渡していたんだ!」ううん。だってそれなら最初から「FI幹細胞」は出来ていたじゃないの。
若山博士はFI幹細胞は自分で樹立したって仰ってるから。

 ならES細胞とTS細胞を混ぜてFI幹細胞と称していた人は一人だけね。
でもこの二つの細胞は結合しない、生成化しないって実験していた博士が仰ってるからきっと私の思い込みね。

 FI幹細胞は何だったのか。細胞のツギハギはできないし。元々なかったのかしら?そんなはず無いわね。
だって世紀の新発見だったもの。クス。

 それに素敵な理研の博士が「FI幹細胞は(ES細胞+TS細胞)」だって看破されたんだし。
ならFI幹細胞を樹立しましたって言って論文も書いた若山照彦博士を告発されたらいいのに。

 それとも元々存在しないFI幹細胞と知っていて、小保方博士がES細胞を盗んで偽装していた事にしたかったのかしら。そんなはず無いわね。ありえないわ。

 そのためにSTAP細胞解析論文を発表するなんて。
遠藤博士が若山博士の為だけに論文書くなんて。恋愛感情があった以外考えられないわ(キャッ!)

 この話しはFI幹細胞がTS細胞とES細胞の混ぜ物、と断定してしまうとその混ぜた犯人は自動的に若山博士だって事になってしまうけど、そこにES細胞盗まれた、それで小保方博士が偽造したって事にしたい人が「小保方博士が盗んだ箱ごと。TS細胞も丹羽のところから盗んだ」って書き散らしていた。

 だけど、STAPの解析結果が小保方博士が理研に来た時には存在しなかったES細胞だったんだから、論理破綻してるのよ。

 そうそう、'14年の二月頃にこの「小保方が引越のドサクサにESとTS盗んだ」って怪文書流れたんだけど、その時はまさかSTAPが解析されるとは流した人は想像してなかったのね。

 つまりこの怪文書はデマなのね。
だって繋がらない細胞盗んだって意味ないし。引越の時期は細胞の樹立あとだったんだし。
あ、木星は理研CDB自体に、細胞の盗難事件が無かった事も掴んでるの。

 いやね、デマ野郎って。暑苦しい。

 混ぜても繋がらない細胞さん達、教えて頂戴。実験捏造したのは本当は誰だったのかしら?
遠藤高帆博士の解析報告や科学記者(古田彩)さんの記事と実際の実験結果が全然違うのはどうしてなのかしら?

 やっぱりわたし、木星通信は科学は解らないわ〜。
だって解析だ!論文だ!って科学を振りかざしておいて、突然ご都合主義になるんですもの。
嘘をつくと後々辻褄合わなくなって大変だって、当たり前の事を科学者さん達は理解出来てないのね。
想像力の欠如。

 木星が言いたいのは、やっぱり左脳人間には世の中任せられないわねー。って事。
で、FI幹細胞がやっぱり無かった、って事。
このまま笑って済ますのかしら?
「なーんだ、夢の万能細胞って何だか解らないねー」って。

 笹井博士はNHKの捏造番組を苦に自殺されてるし、小保方博士は窃盗の罪(あくまでイメージ上のね)を着せられようとしてるし。

 この二人の蹂躙された人権の為に頑張らなきゃ、と木星は思うけど、今日は暑くてツール・ド・フランスの見過ぎで寝不足気味でフラフラしてるから今日はここまでね。


 
 


 

 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

理研からの若山照彦教授が山梨大学に引っ越すときに作製したSTAP幹細胞関連の移管手続き開示書類です。これだけの物を移管していて、STAP細胞が有るのか無いのか解らない、ES細胞かも知れないは、通らないのでは。



stap1010


拡大判 クリックで拡大画面になります。(一部日付にタイプミスあり)

stap1010002



また、理研が発表したSTAPのGPF発現が実は自家蛍光で死滅発光ならこれだけの細胞群、キメラも出来ないでしょう。
若山博士は引越の手続きの上でマウスの系統の管理をきちんとしておられます。
違うマウスの遺伝子が小保方さんから戻って来ていて、気がつかずに、移転手続きをしていたとは考えられない事です。

遠藤高帆さんが論文で指摘したトリソミーの遺伝子がある細胞で沢山のキメラの子どもが生まれている事になります。
理研、遠藤高帆氏、若山照彦教授、小保方晴子さん、誰かが嘘をついています。(もしくは、全員。)

開示文書画像はリンクフリーです。
転載、引用、ご自由に。(流出文書、怪文書にならないようにクレジットを入れています)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参照ブログ

DORAのブログ http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j


眞葛原雪のHP STAP細胞
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ