2013年3月29日午後三時から東京都庁で猪瀬都知事による定例記者会見が開かれました。
そこで猪瀬知事に「 在特会の新大久保嫌韓デモをどう思うか」という事を聞いて来ました。

 __最近、新大久保では隔週のように在日コリアンの排斥を目的とする街宣デモが行なわれています。200人程で「朝鮮人は殺せ」などのプラカードを持ち、「朝鮮人は日本から出て行け」などのシュプレヒコールを上げています。地元の人、観光客は怯えています。このような民族排斥デモが起きている国でオリンピックを誘致できるのか?知事の見解を伺いたい__

 猪瀬知事は「品の無い表現ですね」とまず個人的な感想を述べました。

猪瀬「僕、見た事ないんだけども。品がない。その、表現ですよね。ただ、デモは届け出して、手続きすれば出来る事は出来る。で、人を傷つけたりとかしなければ、取り敢えずそれは合法活動にという事になるんですね」

 ___海外では民衆扇動罪などの法律があり、差別デモは厳しく規制されます__

猪瀬「それはね。法律のバックがあるからね。今のところ日本の法律では人に危害を加えたりしなければ、警察の取り締まりの対象にならないんですね。仰る通り、下品なデモで品のない言葉を吐く訳ですね。それは、でも、僅か100人から200人くらいの人達ですね。東京の1300万人うちの僅か200人ですよね。もちろんそれは宜しくないと思いますよ」

 ___知事として対策は何か考えていらっしゃいますか__

猪瀬「対策というのは法律に基づいていかないとできませんから。何か、その、そういう事にたいして、それは可笑しいじゃないか、と僕は思っています。それは」

 ___(デモを許可する)公安委員会は都が管轄しています__

猪瀬「公安委員会の方が判断しなければならな問題ですから。今の所、法律的にそれを取り締まるものが無いという事ですから。現状ではね。都政の問題ではなく、警察とか法規に基づいてデモが暴走したりしたら、それは逮捕したりする事はできますけど。相手に危害を加えるとか、器物を破損するとか、そうういう事が起きてるかどうか、よく注意深く見守りたいと思います。そういう事が起きているかどうか。そういう事が起きていればそれは犯罪になりますから」

 ___有難うございます。___



 今後も新大久保デモについて、都知事の見解を問い続けて行きます。


猪瀬2789


Twitter @irakusa