木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: ES細胞


 巷では「小保方さんがES細胞を盗んで万能性のある細胞を発見したと言って若山博士を騙していた」こでSTAP細胞事件は決着してるようです。
NHKスペシャル『STAP細胞 不正の深層』でも李博士の引越の時に 持って行くはずだったES細胞を盗んでいたかのようなイメージ映像が流れました。

 そして写真週刊誌『FRIDAY』では元理研の研究員石川智久さんが「李博士の細胞を盗んで若山博士に渡して実験させていたんでしょう」と「小保方晴子さんを窃盗で刑事告発する!」と告発していました。これはいつの間にか被疑者不詳でこれからの実験に使う為に誰かが盗んだ事に容疑がしぼんでいました。

 ではES細胞とは何なのか。生物学が解らなくても感覚で解るように説明します。
マウスの受精後一週間くらい以内に胚 から取り出した細胞で増殖し、身体の器官に分化して行きます。

 一方、論文上のSTAP細胞の特徴はマウスから取り出した細胞を酸性の液につけると、死んで行くものもあるが、一部は生き残って未分化の状態に戻る、というものです。

 ですので、ES細胞を若山博士に渡しても、既に分化出来る能力を持った細胞ですからすぐに気がつかれるはずです。
小保方博士は幹細胞を幹細胞に培養させようとしていた事になりますし、若山博士はそのまま騙されていた事になります。
なので、ES細胞の権威である若山博士を騙すハイリスクの実験詐欺をやる事を小保方博士が選択する事はあり得ません。

 ES細胞の特徴を考えると、「小保方細胞窃盗説」がいかに非科学的であるか、解って頂けると思いますし、科学者で医者である石川智久氏がこのような告発をして世間を騒がせた事は看過出来ません。
石川氏は最近FBの投稿で「このこの事について一生話す事はないでしょう」と話し、たこ壷の中に入ってしまわれましたが、この科学的矛盾について、科学者として、生命を取り扱う医師として、説明する義務があると思います。

画像は写真週刊誌『FRIDAY』2015年2/6日号より。
 
548f61c3-s
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は木星通信で度々登場する「試料提携契約書」(MTA)について説明します。
これの理解があると、これから書く記事の内容が解りやすいと思います。
科学的知識は不要です。

 試料提携契約書(MTA)は研究室が他の研究機関に引っ越す時、研究所内で作製された実験成果物のどれとどれを持って行くか、双方で受け渡しの確認をする契約書です。

 たとえば、理研から他の大学へ研究室が引っ越す時、理研に残すもの、大学へ持って行く物を研究室主管の博士と理研と大学の受け入れ責任者が契約書を確認し、三者で捺印し、譲渡の契約が完成します。捺印日は受け入れの日にちではなく、契約が交わされ、譲渡の権利が誰にあるか決定した日になります。

 原則、研究所の研究室で作られた試料(実験成果物)はその研究所に権利があり、移管するときは研究室と研究所が譲渡の取り決めをする事になっています。
それが試料移管手続き書(MTA)です。

  このMTAが何故、小保方晴子博士の『ES細胞窃盗疑惑』に関連するかと言えば、『FRIDAY』やNHK、そして最近の報道『小保方氏から黒いメール』によると「留学生李氏作製のES細胞」は移転先の新居、山梨大学へ持って行くはずのもの、としており、それならMTAが存在するはずですが、木星通信が理研から取り寄せたMTAの原本複写を確認したところ、「留学生李氏作製ES細胞(2011年7月8日&30日作製)」は記載がなく、移管提携の手続きがとられていない事が解りました。

 また再三お知らせしたように、
若山研究室から「ES細胞盗難紛失届け」は理研CDB、山梨大学ともに出されておらず、紛失した細胞を捜索した形跡がありませんでした。
「STAP細胞」実験期間中に他の研究室に盗難事件があったかも、理研に訪ねましたが、そのような事例がなく、当該の書類開示請求も文書不存在でした。


小保方氏から黒いメール』より引用。

47)
55)
26)
 この記事ですが、小保方さんは引越を手伝っていない事が解りました。
ドサクサに紛れて盗む事は中々難しいのではないか、と思いますが、下段では「彼女の試料も若山研究室から回収されていた」となっています。
その時点で、「李氏ES細胞が紛失したどうか」が解ったんじゃないですか?
小保方さんの試料が動いていた事が解るくらいですから、78本もの試料がその時消えたら総量から見て気がつくでしょう。

 なにより、MTAに記載がないのですから「持って行く指示を出していた」と、「引越後に盗難に気がついた」は矛盾します。

 MTA手続きの時に李ES細胞が無い事に気がつく筈ですし、引越後に盗難にきがついたのなら、MTAは完了して、契約書に李ES細胞が記載されてなくてはなりません。

そして、引越前にも後にも「盗難届けは出ていない」事実をもってして、木星通信は小保方氏が「ES細胞を譲渡された」とする証言の方に信憑性を感じます。


 
jpg-large

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、STAP細胞は細胞が死んでゆく時に光を発する自家蛍光だという節が有力だ。
これは以前からSTAP細胞を疑問視する人達の間で囁かれていた事だ。

 それなら若山照彦博士のこのコメントは何なのだろう。(画像はSTAP細胞発表直後のニュース映像。若山博士はすごく光るSTAP細胞を確認し、発明者の小保方博士に絶賛コメントを寄せている)(図1)
image


 画像元ニュースのアドレス https://www.youtube.com/watch?v=KyR3DJHlufI
 
 STAP細胞に挿入されたGFPで緑に光る様子を見て、感激している若山博士。
GFPとは簡単に説明すると緑の蛍光色を発光するタンパク質の事。

 SATP細胞の遺伝子に挿入すると、STAP細胞で作られた部分が緑色に光る。胎児が全て緑色に光ると、全てがSTAP細胞で作られた事を証明できる。(図1)が全身がSTAP細胞で出来た胎児の画像。 ただし胎児のままで、産まれることは無い。

 そして2014年7月まで山梨大学のHPに掲載されていた『ライトを当てると光るキメラマウス』の画像。(図2)
image

画像元の魚拓アドレス http://megalodon.jp/2014-0531-1951-21/www.yamanashi.ac.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=755

 生まれてから成長後もSTAP細胞がGFPで緑に光る様子がライトで確認できている。
ES細胞やiPS細胞は胎盤を作れないので、STAP細胞が既存の細胞と違う万能性を示す『胎盤が緑に光る』ことが本当かどうか注目されて来た。

 「胎盤が緑に光れば、万能性が確認できる」というのがこの実験のキーポイントだ。
それなのに、「死んでゆく細胞の光と誤認した」というのは考え難い。
若山博士は細胞工学のプロフェッショナル。

  世紀の発見なのに自家蛍光かSTAP細胞由来の発光であるか確認せずに実験を進めていたとも考え難いし、自身が務める山梨大学のHPに「STAP細胞由来で光るマウス」の画像と、その作成のプロトコル(手順)を掲載していたのだ。(図2参照)

 自家蛍光が死んでゆく細胞の光なら、生きているマウスが光るのも辻褄が合わないし、すぐ死ぬ細胞なのか確かめないのもおかしい。画像の「ありえないくらい光った」コメントもどういう事だろうか。

 まして、報道された100%STAP細胞由来の内蔵全部が緑色に光る胎児の画像はなんなのだ。
死んでゆく細胞で胎児が育成される訳はない。この画像は捏造だったのか。(図1)

  自家蛍光の色は緑の他、赤い色等が混じり、一色ではない。GFPは一色だけ光る。 因に、時間の経過によりGFPは退色してしまうので一定期間を経たキメラマウスはライトを当てても光らなくなるという。(理研国際国際広報室・談)


 科学者自身が後々説明がつかない言質を残して点々とそれらをつなぎ合わせて行くと、全く報道と辻褄が合わなくなるのがこのSTAP細胞事件の特徴だ。
これらの残されているSTAP細胞実証の証言について、若山博士のコメントを聞いてみたい。


小保方博士が成功した200回のSATP細胞は自家蛍光を誤認したものだとする記事。

『小保方氏のSTAP200回成功、「自家蛍光」か』日本経済新聞9月1日付け


浅見正䂓氏の科学的な説明。

「STAP細胞」が死んだ細胞である証拠が小保方の論文と理研公開動画に存在する
    このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK様。

2014年7月27日放送の「STAP細胞不正の深層」
報道内容につきまして、幾つかの疑問点を感じ、質問をさせていただきます。

なお、報道倫理、放送倫理に係わる事と思われますので、必ず、必ずお返事頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

まず、小保方博士のラボの冷蔵庫から見つかった容器の中身は【ES細胞】と報道していますが、理研広報に問い合わせたところ、小保方博士の冷蔵庫から、ESと書かれた容器が見つかったのは確かです。

しかし中身は今遺伝子情報を解析中、中身がなんであるか、確認できていない。
との回答がありました。

NHKが未確認の遺伝子情報をES細胞と確認出来たのはどうしてですか。
独自解析でしょうか。

若山博士は小保方博士にES細胞を渡した事があると証言しています。
それが冷蔵庫のES細胞かも知れない可能性を一切排除したのは何故ですか。


www.youtube.com/watch?v=sVSNfSJRfQs



image


また、留学生が引越し中に消えたというES細胞が小保方博士の冷蔵庫にあった、とコメントありましたが、同じものといつ確認できたのでしょうか。

留学生の作成した遺伝子情報と小保方博士の冷蔵庫から出てきたESと書かれた保存容器の中身の遺伝子情報が一致したのでしょうか。

NHKが解析されたのでしょうか。

また、この留学生は紛失、盗難届けを出されたのでしょうか。遺伝子情報が紛失が日常なのでしょうか。
遺伝子情報は研究者の財産、だと思うのですが。

また、理研の研究員がSTAP細胞論文のデータを解析したら、アクロシンGFPと言う遺伝子が出たそうですが、STAP細胞とされる遺伝子は若山研究室にあったもの、つまり、若山博士が誤って小保方博士に渡した、と言う可能性を排除したのは何故ですか。

若山博士が遺伝子情報解析を依頼した「第三者機関」はどこでしょうか。
放医研(法医学総合研究所)だと一部報道されていますが、問い合わせたところ、「そのような契約は存在していない」との事でした。
第三者機関が解析したデータを確認された事がありますか。
第三者がチェックした証拠はどこで確認されたのでしょうか。



若山博士は小保方博士に渡したマウスと違う遺伝子のマウスが戻って来たと言う証言は誤りの可能性があると記者会見しました。

それについて、番組で言及しないのは、小保方博士に不正の疑いを向ける偏向報道ではありませんか。

また、若山博士は研究室に「私の知らないマウスがいた様だ」とマウスの全種類を把握して居ないとのコメントも出しています。

それについても検証されましたか。


理研の広報部は、NHKからコンタクトは無かった、NHKの独自取材であると言っています。

そして遺伝子情報の紛失は聞いた事がない。との事です。

今迄のSTAP報道と理研広報とのエビデンス、事実のすり合わせはありましたか。

先ず小保方博士が不正をしたからその証拠を集めようと言う番組作りになっていませんでしたか。

リーク情報の裏付けを取りましたか。
取材の鉄則をふみましたか。

理研の調査委に提出した小保方博士、故・笹井副センター長のメールを当人の許可なく公開したのは何故ですか。

調査委のメンバーが私信を勝手にNHKに渡して、社外秘のメールを公開した訳ですが、報道倫理に外れていませんか。

既に、この放送を苦にして、笹井芳樹副センター長が自ら命を絶っています。
今迄の過剰なバッシングで疲弊した後、この放送が自殺のきっかけになったのです。

このままでは、小保方博士は実証なく、遺伝子情報窃盗のイメージがついて回ります。一生です。貴社の番組でです。新たな犠牲者をださないよう、徹底検証され、そして、どうか、この質問にお答え下さいますように。



長々と失礼しました。

どうぞ、ご返答下さいますよう、宜しくお願い致します。


以上の文面を8月3日にNHKの報道スペシャル番組の専門ページに送信しました。

返信がありませんので、さらに書き足しをして本日NHK科学部にメールを送信しました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ