木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: FI幹細胞

 2015年9月24日、マスコミ各社が大々的に報じたアメリカのハーバード大学で再現実験を行い、133回全て失敗したとの報道について、検証してみたいと思います。

 まず、取り下げられて科学的には存在しなくなった論文の検証実験が行われた事に驚きです。
論文が取り下げられたという事は、「科学的な存在を証明しない」という事なので、この再現実験は科学者として「存在しない事の証明の実験」を行った事になります。

 科学とは研究における新発明の事実と証拠の積み重ねでありその証明が論文です。 
既に取り下げられ、科学的には0になった論文のプトコルで再現実験するというのは異常な事態です。
再現実験したという事はそれが存在する前提で実験するからです。

 さらに、STAP細胞実験は二人の博士によってパートが別れています。
細胞に酸浴ストレスを与え生き残った細胞をSTAP細胞と呼び、それを培養した物がSTAP幹細胞です。
また万能性をもたらすFI幹細胞もSTAP細胞から作ります。

 細胞に酸浴ストレスを与え、生き残る細胞を探すのが小保方博士のパート。
STAP幹細胞を作り、FI幹細胞を作り、キメラマウスを作るのが若山博士のパート。

 今回の再現実験はどこまでのパートを示した物なのでしょうか。
最終的なキメラマウスまでが作れなかったのなら、小保方博士、若山博士双方の実験不正を疑うべきですが、今回の報道は小保方博士のみに実験不正の疑義がかけれており、不当な物を感じます。

 またSTAP細胞を解析したら『FES1』という大田浩博士が樹立したES細胞であったという論文の記載は桂報告書となんら変わる事なく、それは科学的事実として証明されました。

 それならば、『NHK STAP細胞 不正の深層』番組内で小保方博士があたかも李博士のES細胞を盗んだかのように放送したのは悪質な印象操作であった事がこの論文投稿で証明されます。
「李博士のES細胞はOct-4-GFPのntES細胞」「大田浩博士のES細胞はAcr/GAC-GFP」
作成者も細胞の性質も全く違います。

この論文投稿によってNHKの悪質な印象操作番組が証明されました。
写真週刊誌『FRIDAY』の石川智久氏の告発も同様です。


 また先に木星がお伝えしているように、若山博士の論文撤回理由のひとつ、129/Svのマウスで実験していたのに試料を解析したら中身が129B6F1だった、マウスか細胞がすり替えられていた、の論拠は崩れました。

 木星の検証では129/Svで実験はしておらず、若山研にて129/Svで作製されたとする「AC129-1と2」は129B6マウスで作られたと理研の報告書にあり、最初から試料129/Svの中身は129B6F1であるという結論に達しております。

  木星はこのハーバード大学の再現実験失敗報道は後々にSTAP細胞事件の真相が暴露されるエビデンスになるとして興味深く見守っています。

31)

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 よく解らないのですが、沢山の謎がありすぎて。
また理研の公式発表と報道の疑惑追及と全然噛み合ないので、戸惑いを隠せません。

【STAP細胞は混入なのかすり替えなのか】

 理研が発表した不正調査委員会の報告書(桂調査報告書)にはSTAP細胞はES細胞の「混入の結果」 であって、実験成果はその産物であると言う事でした。
「混入」とは
 mix 《A with B, A and B》であって2種類の物が混じる事になりますが、では《A with B, A and B》のA=STAP細胞の元(CD45陽性細胞)で、B=ES細胞とすると、理研が解析したSTAP細胞の試料はこの混合物であるはずですが。

 しかし、理研が解析したSTAP細胞は「FES1」というES細胞だったんですね。
んー。

それ混入じゃないんじゃないですか。すり替えでは??
STAP細胞の発現は観察されていたという事で「STAP幹細胞→FI幹細胞」からが偽造なのでは?

【FI幹細胞はミックスで出来るのか】

「FES1」は全身が光るCAG-GFPというタンパク質が装填されていたそうで、これに胎盤が作れるTS細胞をミックスさせれば、「胎盤も作れる夢の万能細胞」が作れた事になりますが、これはあくまで理論上で(ES細胞=色んな身体に分化出来る多能生細胞)(TS細胞=胎盤作れる)をまぜて万能細胞を偽装ってそれも万能細胞成功ですけど。。。

 何より、この二つの細胞を混ぜても繋がらないんだそうで、理論上はOKでも試料を合成する事は出来ない。FI幹細胞はES細胞では出来ないとされていた胎盤を作る事が出来る、それだから万能細胞と言われたのですがFI幹細胞が合成不可能では非存在になり、全身STAP細胞で出来たキメラマウスは偽装って事になります。

【小保方博士はES細胞を盗んでいない】
 繰り返しになりますが、小保方博士はES細胞を盗んでいません。
写真週刊誌「フライデー」などで小保方博士が若山博士の研究室からES細胞を盗んで実験をねつ造していた、事で「刑事告発する!」と世間を騒がせていましたが、そのES細胞はSTAP実験で使われていたマウスの種類も装填されたGFPの種類も違っていた。

 NHKではES細胞が盗まれたかのようにイメージ誘導していて、それでBPOに小保方博士が人権侵害として訴えた訳だけど、もっと解りやすく言うと「STAP細胞実験の時には存在しないES細胞がチューブから出て来た」みたいなワケワカな事になってるの。つまり、小保方博士は細胞を盗んで実験出来ない証拠の方が多い訳。


【STAPの発現は確認されていた】
小保方博士が「STAP200回作った」ってそれは万能細胞FI幹細胞じゃなくて発現だけなら余裕でOKだったはず。
いつの間にか小保方博士が万能細胞作っていた事になってるけど、小保方博士の実験パートは初期段階でキメラマウスを作ったり、その万能性を実証するのは若山博士なのね。
つまり、細胞を弱酸性の液に浸けると死んでしまう細胞の中に僅かに多能生を持った光を確認出来る細胞が生き残った、という小保方博士のパートは確認されていたというのね。


 それなのに世間は「小保方博士が実験をねつ造した」って思ってる。
どうしてそうなるかと言うと、やっぱりメディアの洗脳ね。

【佐野氏エンブレム問題と小保方博士の事件は別構造】
 で、主題に入りますが、佐野氏エンブレム問題が炎上したのは次々と写真のパクリが見つかったからで、それはベルギーのデザイナー・ドビ氏が「盗作された」と訴えたからで今裁判がベルギーで起こされてる。ロゴを作製した本人が「アイデアを盗まれた」って言ってる訳だけど、小保方博士の場合、元雇用先の理研から細胞盗まれたと訴えられるてる訳でもなく、その細胞は実験とは無関係で、しかも警察に告発したのは若山研究室でもない理研を退職した研究者。

 何故か最終的には「被疑者不詳」で「細胞窃盗」の刑事告発が兵庫県警に受理された。
つまり小保方博士は未だ誰からも訴えられていないし、小保方博士のパーツは再現出来てたんだから。

 実際にパクリが見つかり、佐野氏に著作権はないものの、デザイナーがデザイナーを名指しで訴えたわけだから(提訴先はIOCですが、「盗作を認めろ」が争点になっていて、このままこじれると、ドビ氏は佐野氏を相手に国際法廷で争う事になるかもしれない。)


 どこがどう二人の事件が違うか解って頂けたかな。
この二つが同じ事件として引き合いに出されるのはとてもおかしな事。
起きている事件の性質が全然違うのね。

 一つは冤罪の可能性。一つはパクリが露見。
同じにしてはいけないというのが今回のお話しの主旨。
リテラシーを働かせてね。

  画像は若山照彦博士がSTAP細胞実験の成果物を山梨大学に運んだ時のMTA(試料移管契約書)
沢山のSTAP幹細胞、キメラマウスが作られています。(赤字は正しい年号、タイプミスの修正です)



fdfa3d09-s





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


  謎に思った事を簡単にまとめました。遠藤高帆博士が解析したFI幹細胞についてです。

  • FI幹細胞をデータ解析したらES細胞とTS細胞の特徴が検出され、二つの細胞の合成かもしれない。
  • ES細胞は遺伝子の特徴がマウスがB6でOct-4-GFP
  • 若山博士はFI幹細胞をOct-4で作製した事は無い。
  • しかし若山博士はこの解析結果の監査をして結果が正確だと確立させている。 
  • FI幹細胞は全て若山博士が作製しており、データも若山博士が作ったFI幹細胞のものでなければならないはず。(小保方博士はFI幹細胞を作製した事はあるが、レコードせず、保存もない)
  • この世に存在しないB6 Oct-4で作られたFI幹細胞のデータを解析され、若山博士はそれにお墨付きを与えている。
  • B6 Oct-4は石川智久氏が「若山研の引越の時に盗まれた」とフライデーに告発した李博士作製のES細胞と同じである。
  • 実際STAP実験に使われていた細胞はB6と129の掛け合わせGFPはGACとアクロシン。
 まとめOct-4で作られたFI幹細胞はこの世に存在しないのにも関わらず、遠藤高帆博士は解析結果を出し、若山博士は「Oct-4でFI幹細胞を作った記憶も記録もない」と言っているのにも関わらず、その解析結果を確立させている。

 若山博士と遠藤博士が科学的には非存在の「Oct-4FI幹細胞」を情報化した目的は何か。
FI幹細胞を「マウスB6 Oct-4」で作られていた事にしたかった理由は何か。
 石川智久氏が小保方晴子を細胞の窃盗で刑事告発する!とフライデーで告発した「窃盗された細胞」の特徴は「マウスB6 Oct-4」

 小保方博士が「マウスB6 Oct-4」の細胞を盗んでFI幹細胞を偽装していたとしたかったからか?
しかしFI幹細胞の中身は理研解析の結果「B6と129の掛け合わせGFPはGACとアクロシン」。

 辻褄の合わない遠藤博士の解析結果。マウスもGFPも違い過ぎ。それにOKサインした若山博士。謎過ぎる科学の世界。


 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 最近になって解った事をまとめてみました。胎盤付きのキメラマウスまで作れるという夢の万能細胞、FI幹細胞についてです。FI幹細胞とはSTAP細胞を身体に分化でるまで育てたSTAP幹細胞をさらに育てて万能性を持たせる事が出来た細胞です。STAP細胞の強化版と言った所でしょうか。

 その細胞を理研の遠藤高帆博士が新手法を使って解析しました。
その結果、FI幹細胞は二つの細胞の特徴が検出され、それはES細胞とTS細胞の様子であると言う事でした。

 ES細胞はそのマウスの遺伝子系統はB6で組み込まれたGFP(細胞の動きを確かめる為の蛍光タンパク質。緑色に光る)の種類はOct-4-GFPでした。TS細胞はCD1というマウスであると。

 しかし理研の調査報告書には若山照彦博士は「FI幹細胞をOct-4で作った事は無い」と証言しています。FI幹細胞は全て若山博士が作製されていますから、これはおかしな話しです。

 遠藤博士はこの世に存在しない細胞を解析した事になります。
おまけに若山博士はその存在しない細胞の解析の監査をして解析結果を確立させています。
ご自分が作った記憶の無いFI幹細胞の存在を認めているのです。


 TS細胞とES細胞はミックスしても一つの細胞にはならない、と多くの研究者が指摘しています。
ですので、FI幹細胞はTS細胞とES細胞のデータを合わせた論文の世界の中にだけ存在した細胞の可能性があります。

 であるならば、FI幹細胞で出来たとされる「胎盤まで全て光ったキメラマウス」の画像はその万能性を確立させる為の合成画像であったという事です。

 実験不正は無かった、とする理研の検証報告に強い疑義を感じます。
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 みんな、こんにちは〜いよいよ夏休みだね!
僕はSTAP細胞探偵団のテル。よろしくね!

 みんなはSTAP細胞事件はかがくの事がわからなければ謎がとけないって思ってるよね?
違うんだ。簡単だよ! かがくがわからなくても、ちょっと事件をななめよみすれば、へんな事、おかしな事がいっぱあいあるのがわかるんだよ。

 去年の1月28日にSTAP細胞がつくれたって、発表されたんだよね。
それから大さわぎになってリケジョブームになったりした。
はつめいした小保方さんはいちやく有名人になったんだ。

 それから3月10日にSTAP細胞の研究を小保方さんとしていた人が発表をてっかいしてほしい、とよびかけたんだ。それは山梨大学の先生で若山博士。

 3月25日には、STAP細胞実験に使っていたマウスが若山博士が提供したマウスではなくて、どこから来たのか解らないマウスだって事が若山博士から発表された。
若山博士は「ポケットに入れて持ち込まれてもわからない」なんて事を言ってたんだ。
小保方さんがマウスをすり替えて実験していた疑いがでてきたんだよ。

 それから6月くらいまで、小保方さんはずっと反論していたんだよ。
理研に「それはちがいます」っていう申し立てをしていたりした。

 6月3日、STAP細胞を若山博士はおともだちがいる研究所に分析してもらった。
公平さをたもつために無関係なところに分析をたのんだって言ってたけど、結局、しらべたらおともだちの研究者に頼んでた。
それで、実験で使ってないマウスだったと解ったらしい。
また理研でも同じ結果だった。

 6月16日、結果は実験で使ったマウスとは違う種類だった、STAP細胞はいままでに発明されていたもうひとつの多能性をもつ細胞、ES細胞と似てるって発表されたんだ。


 6月18日小保方さんは「マウスも細胞も所属していた若山研究室の物を使っていた。」と反論していた。

 6月20日に理研の遠藤博士がSTAP細胞の記録を分析した論文を発表したんだ。
それは9月になって報道されたけど、その前の7月27日にNHKが放送した番組でも若山博士といっしょになかよく分析結果を語り合ってたよ。

 つまり僕が見るには、STAP細胞事件は6月におおきなターニングポイントがあるんだよ。
それまでは若山博士はずっとマウスの取り違えをされた、って事で実験不正を訴えてたんだけど、6月にはいると、急に分析結果はES細胞だとか、遠藤博士はTS細胞とES細胞の合成だって言い出したんだ。

 マウスのすり替えって結局ガセネタだったんだね。

だって理研の調査結果で解ったんだ。
STAP細胞に使われていたのは若山研究室にいた研究員が作ったマウスの細胞から出来ていたんだ。
3月と6月に発表された「若山研究室にいたマウスではないマウスが実験に使われていた、だから
STAP細胞実験は不正だ」っていってたはずのなに、いつのまにかその「小保方さんがマウスすり替えた」っていう若山博士のうったえはうやむやになってしまったんだ。
せっかくだから「有耶無耶」って漢字を覚えてね。

 じゃ、第三者機関と理研が発表したマウスの種類が違うって6月に公表した結果はなんだったの。
ふたを開けたらマウスや細胞が若山研究室のものだけだったんだよ。
小保方さんの「マウスも細胞も所属していた若山研究室の物を使っていた』っていう証言に嘘はなかったんだ。

 6月から突然若山博士はES細胞かもしれないって言い出して、それを科学ライターがツイッターで発表していた。そのまえは、科学ライターがさかんに小保方さんがマウス(細胞)をすり替えたって言ってたのに。

 6月がターニングポイント。覚えておいてね。
STAP細胞は育てないと死んでしまうんだけど、そだててSTAP幹細胞にして、それにもっと色々な身体んの部分が作れるようになった万能細胞、それがFI幹細胞というんだけど、それはすべて若山博士がつくられたんだよ。すごいね!天才だ!

 だけど、6月に遠藤博士がFI幹細胞の論文をとくしゅな方法で分析したら、「TS細胞とES細胞のまぜものだった」可能性が高い事が解ったんだ。天才だね!

 あれぇ?FI幹細胞が(ES細胞とTS細胞のミックス)ならそういうふうにねつ造したのは若山博士ではないの?
どうしてFI幹細胞は細胞のミックスのねつ造だった、それを作っていた若山博士がねつ造したってますこみの人は騒がないのかな?大人の事情?


 掲示板の書き込みの事なんだけど、6月くらいにさかんにとくめいの人達が集まる掲示板に小保方が引っ越しのどさくさに若山の所から盗んだ細胞が箱ごと発見されたことも公表しろよ。丹羽のTSもたくさん出てきただろ。相澤も小保方さんを励ましてあげようなんて言ってるんじゃねーよ。お前、監視役として検証チームを組織したんじゃなかったのか?』なんて事が書き込まれだした。

 だから遠藤博士が最終的な万能型細胞「FI幹細胞」は(ES細胞とTS細胞のミックス)って発表されたときは小保方さんが引越のどさくさに盗んで細胞つくっていた、ねつ造していたっていう噂がながれていた。

 でも、このFI幹細胞を作っていたのは若山博士だったんだよ。
おかしいよね。この細胞がはじめてつくられたのは2011年の11月25日だったし、引越の時期は2013年の4月だった。だからあの掲示板の書き込みは小保方さんに罪を着せるための嘘の情報だったんだね。これは情報操作、というんだ。

 2013年に盗んだ細胞で2011年に小保方さんが実験してたことになる。

 この噂を流した人は時系列が解らないバカだけど、その目的は小保方さんに罪を着せる為で、罪を逃れる人を作るため。この噂で、小保方さんに罪を着せて、得をする人は誰か、という事を考えれば、この細胞ねつ造事件の真犯人は浮かび上がって来るんだよ。
考えてね。

 さてSTAP細胞からそだてた万能細胞、FI幹細胞が二つの細胞を混ぜて作られた細胞だって事はわかったね?そういうデータも分析された。
でも科学者が実際実験したら、ほとんど繋がらずに死んでしまったそうだよ。
そりゃそうだね。絵の具じゃあるまいし。
細胞さんを混ぜて一つにするなんてかみさまでも出来ないよ。あれれ?それなら、それなら遠藤博士が細胞のミックスだっていってたのはなんなの?

 なんのための分析結果発表なの。
小保方さんが「TS細胞とES細胞を盗んで混ぜてた」って罪を着せるためにうその論文書いたのかな。
そのまえにとくめい掲示板で噂をばらまいたのかな。まさか、大人ってそこまで汚くないよね。
かがくしゃがうその論文を書いて発表するなんて、もしそうなら僕は大人になりたくないな。
それにかがくしゃが時系列も計算できないバカだってありえないものね。ウン!

 そうそう、6月までは「マウスや細胞をすり替えられた」と言ってた若山博士だけど、FI幹細胞を作っていた本人が混ぜ物だったと気がつかなかったのかな。

 そんな事はないやろ。
6月に突然都合よく現れたES細胞だけど、動きを追って行くと面白い事がわかるよ。
それはまた今度ね。
さて、宿題だよ。

①FI幹細胞を作ったのは誰?
②FI幹細胞の中身の正体は?
③FI幹細胞を使って万能性を確認したのは誰と誰?
④FI幹細胞は細胞を混ぜても作れない、ならどうしてデータが存在して、遠藤博士がデータ分析結果を発表したのかな?その目的は?
⑤若山博士が6月に突然STAP細胞がおかしいと述べた理由が変わった理由を述べよ。
⑥STAP実験に使われていた細胞を作った博士が若山研に細胞を分析の為に送った月はいつ?
⑦マウスがすり替えられたって言ってたのに、突然忘れちゃった博士は誰?

さぁて、全部正解出来たら、キラキラ緑色に光る「キメラマウスバッチ」をプレゼント!!
目玉がクルクル動いて可愛いよ!ゲノムチックでしょ?

じゃ、ぼくは探偵にでかけるよ!
また8月に会おうね!夏バテに気をつけて、水の事故に会わないようにね!

 STAP細胞探偵団 テルより。
___________________________________________
引用文

STAP細胞の正体日経サイエンス
STAP細胞を培養して作ったとされる「FI幹細胞」(略)は,ES細胞とTS細胞(栄養膜幹細胞)の混合物とみられる。
49)
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ