今回は木星通信で度々登場する「試料提携契約書」(MTA)について説明します。
これの理解があると、これから書く記事の内容が解りやすいと思います。
科学的知識は不要です。

 試料提携契約書(MTA)は研究室が他の研究機関に引っ越す時、研究所内で作製された実験成果物のどれとどれを持って行くか、双方で受け渡しの確認をする契約書です。

 たとえば、理研から他の大学へ研究室が引っ越す時、理研に残すもの、大学へ持って行く物を研究室主管の博士と理研と大学の受け入れ責任者が契約書を確認し、三者で捺印し、譲渡の契約が完成します。捺印日は受け入れの日にちではなく、契約が交わされ、譲渡の権利が誰にあるか決定した日になります。

 原則、研究所の研究室で作られた試料(実験成果物)はその研究所に権利があり、移管するときは研究室と研究所が譲渡の取り決めをする事になっています。
それが試料移管手続き書(MTA)です。

  このMTAが何故、小保方晴子博士の『ES細胞窃盗疑惑』に関連するかと言えば、『FRIDAY』やNHK、そして最近の報道『小保方氏から黒いメール』によると「留学生李氏作製のES細胞」は移転先の新居、山梨大学へ持って行くはずのもの、としており、それならMTAが存在するはずですが、木星通信が理研から取り寄せたMTAの原本複写を確認したところ、「留学生李氏作製ES細胞(2011年7月8日&30日作製)」は記載がなく、移管提携の手続きがとられていない事が解りました。

 また再三お知らせしたように、
若山研究室から「ES細胞盗難紛失届け」は理研CDB、山梨大学ともに出されておらず、紛失した細胞を捜索した形跡がありませんでした。
「STAP細胞」実験期間中に他の研究室に盗難事件があったかも、理研に訪ねましたが、そのような事例がなく、当該の書類開示請求も文書不存在でした。


小保方氏から黒いメール』より引用。

47)
55)
26)
 この記事ですが、小保方さんは引越を手伝っていない事が解りました。
ドサクサに紛れて盗む事は中々難しいのではないか、と思いますが、下段では「彼女の試料も若山研究室から回収されていた」となっています。
その時点で、「李氏ES細胞が紛失したどうか」が解ったんじゃないですか?
小保方さんの試料が動いていた事が解るくらいですから、78本もの試料がその時消えたら総量から見て気がつくでしょう。

 なにより、MTAに記載がないのですから「持って行く指示を出していた」と、「引越後に盗難に気がついた」は矛盾します。

 MTA手続きの時に李ES細胞が無い事に気がつく筈ですし、引越後に盗難にきがついたのなら、MTAは完了して、契約書に李ES細胞が記載されてなくてはなりません。

そして、引越前にも後にも「盗難届けは出ていない」事実をもってして、木星通信は小保方氏が「ES細胞を譲渡された」とする証言の方に信憑性を感じます。


 
jpg-large