木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: IWJ黒木睦子


 裁判所は原告企業の訴えを認め、黒木睦子さんに合計72万円の損害賠償金を支払うよう命じる判決が下されました。

 2015年10月14日、午後1時10分、
宮崎県地方裁判所延岡支部・一号法廷において宮崎県日向市に住む主婦・黒木睦子さんが日向製錬所と運搬施行会社・サンアイとその社長から名誉毀損・営業妨害等で訴えられた民事裁判が開かれました。


 この裁判は2014年11月14日に第一回口頭弁論が行われ、2015年7月15日に結審しました。裁判所は原告企業の訴えを認め、黒木睦子さんに対して損害賠償を命じる判決を言い渡しました。


 日向製錬所に27万5千円。
 サンアイに25万円
 サンアイ金丸社長に20万円。

 原告が求める黒木睦子さんのブログの一部削除。
 グリーンサンドが有害である・健康被害が生じるとの情報発信の流布の禁止。
 
 等によるものです。以下の傍聴記より引用。
 鰯の独白
 日刊Yon-go ! Hin-go 

 約一年に渡ってこの偽装スラップ裁判を調査して来ました。
「被告が訴状を見せない」というところですぐに「偽装スラップ」だと気がつきました。
スラップ裁判の被害者、被告は訴状を被害の証拠として告知・衆知したがるからです。

27)







 取材者に「嘘が書いてあるから見せられない」と訴状を隠し「子供の健康被害が出た、それは日向製錬所が製造販売したグーリンサンドを使った造成工事からだ。日向製錬所のグリーンサンドは産廃だゴミだ」等、訴えるのは虚偽である可能性が高いわけで、そこは慎重に事実確認、調査が必要だと思いました。そこで被告が汚染値が出たとする工事現場の地権者に取材したところ、身も凍るような悪質なクレイマー行為を被告から受けている事が解り、取材中に対象者に心から同情しました。
【黒木睦子さんの抗議行動についていま解っている事】

 また日向市、延岡市の農協や日向市の小児科に問い合わせても「産廃汚染被害・グリーンサンドによる子供の健康被害」は一切認められませんでした。


 被告は争点が「名誉毀損・営業妨害」である事を訴状を見せない事によって、巧みに隠蔽し、あたかも「子供の健康被害を告発して企業から訴えられた非力な主婦」であるかのように演じ、フォロワーを増やして行きました。またそれに同調して狂騒したのが支援者達で、「主婦が企業から訴えられた」だけで「スラップ裁判だ!」と思い込み、その主張の正否を確かめないまま、拡散行為を行い、まんまと被告の誹謗中傷行為の手先となったのです。

 なんの落ち度もない原告や地権者の心中はいかばかりか、と心を痛めました。

 被告は「SNSでの名誉毀損、工事妨害や会社への押し掛け行為での営業妨害行為」で訴えられている訳で、それを「拡散!拡散!大拡散!!」する事は被告への裁判官の心証を悪くして裁判が不利になる一方ですし、先ず「ブログやTwitterでの中傷行為をやめさせ、裁判中は静かにする」という当たり前の入れ知恵が支援者は出来ない。
image

 支援者達は公害があったどうかどうでも良いらしく、汚染値が非検出であると行政から貰ったデータを提示するとこちらを「工作員!」と罵倒してブロック。
これの繰り返し。
image


 さらにIWJの内容を確かめない記事によってこの裁判は「産廃問題・スラップ訴訟」だと誤解が大拡散されました。

 2014年の11月17日にIWJの最高責任者である岩上安身さんに「この裁判はスラップではない、原因は被告のクレイマー行為」だと警告のメッセージを送り、その後もメッセージを送り続けました。

24)


 しかしIWJの「スラップ」が冠についた記事が公開され、SNSで大きな反響を呼びました。

 それを環境問題や反原発を看板にする個人ブロガーが転載し、引用し、あたかも黒木睦子さんの主張が真実であるかのように、日向市で公害問題が起きているとした風評が全国規模で広がりました。(これについて、IWJに被告・黒木睦子さんの主張は真実ではないので、記事の削除、または変更を要請した所、岩上安身さんから提訴するとの通告を受けています)

 2015年10月14日の判決によって、黒木睦子さんの主張に真実正当性が無い事が明らかになり、原告の訴えの一部が認められました。
これによって偽装スラップ事件は少しずつ世間からフェードアウトして行くのでしょう。
何しろ、被告が訴えてから三年間一切の公害被害が被告以外から発生していないのですから、流石に支援者達も異常に気がつくでしょう。

 被告は2012年8月10日に水質検査(採取地の由来不明)を一度したきりですが、今もなお、重金属の汚染がグリーンサンドを埋めた工事現場から垂れ流しになっている、とSNSで訴えています。

15)


 IWJも支援者達も、この裁判を安易にスラップだと認定すると、そこには「汚染発生の事実があり、汚染による農作物の被害が当然あるはずだ」とする風評被害が産まれるという当たり前の事が予測出来ていない。


 情報の扱い方が安直なんです。
また、「名誉毀損」が「公害を告発したからだ」との先入観があり、何度「原告企業の社長が<暴力団>とSNSで言われたから名誉毀損なのだ」と伝えても結局、支援者達の情報は「公害問題」に初期化されてしまう。
しぶとい。


CRQxSipUcAAzC8S

 違います。名誉毀損は訴えられた方が主張の真実相当性、公益性を示さないといけないのです。
裁判の基本です。

 またこの裁判の訴因は原告の社長を「暴力団」と呼び、その個人情報をブログやTwitterに掲載した事。そして原告企業の顔写真を無断でブログに掲載し、何度も「やめてくれ」と言われてもやめなかった事、すなわち「肖像権侵害」です。
安全性が争われていたのではないのです。


 長くスラップ裁判を傍聴・調査して来ましたが「偽装スラップ」というのは珍しいケースで、長く木星の記憶に留まる事になるでしょう。
特に忘れられないのは「無責任・無自覚・無神経・無反省」の四拍子揃ったネット上の支援者達です。



06
 川の方の白い汚濁は工事に使った石灰(または牛の口蹄疫防止の消毒に使った石灰)なのですが・・・どうしても、産廃問題か汚染問題が起きている事にしたい様子。


34

 23   
 黒木睦子さんは2014年7月18日に
@yoshi022氏に「証拠を渡さない」と呟いてます。
 そしてクレイマー被害者である地元の地権者の名前を持ち出す@yoshi022氏。
 
21

 木星も間違った事をTwieetしてしまう事はあるので、間違った拡散は取り消すか、反省して頂くかで良いと思うのですが、延々と黒木睦子さんの主張を垂れ流し(苦笑)し続けていた@yoshi022氏。
何故か一度削除していたアカウントを復活させ、地元の市民記者・大谷憲史氏と木星をヤジり始める。

42)

 証拠を出さずに「被害を受けた」と主張して訴えられた被告と、論拠、データを出して「被害はない」と提訴した原告を「公平」に扱うのは

 公平でもなんでもないですから。
 ただの非常識。

 あなたの家に知らない人が来て「あんたに殴られた、慰謝料払え」と言われて「証拠は?」と質問すると「無いけど本当なの」と言われたらどうします?
あなたの携帯電話の番号がブログやTwitterに貼られて「こいつは暴力団」と書かれたら。
提訴する事になると思いますよ。


04)




  @yoshi022氏の書いてある事は
04)
の事だと思われますが、この記事を書いたときは黒木睦子さんは一切の証拠、エビデンスを取材記者に出さなかった。IWJにも。

証拠を出さない人を取材出来ません。


 
42)

 証拠を見せない被告を応援し、証拠を持ち出して注意喚起した方を貶すとか訳が分かりません。IWJにしてもあのままでは社会的に悪影響が出る事になります。(最悪のケースとして、原告企業の倒産、風評被害による農家の経済的ダメージ)
現に原告のサンアイは工事の受注が止まり、(会社を潰してやるなどの電話も)夏のボーナスが出るか出ないかの状態になったそうですから、IWJは記事を
削除かスラップではないとする訂正をして欲しいというまっとうな要請です。

IWJも支援者も証拠を確かめずに安易な「風評被害」を流さないで欲しい。

 という事です。IWJの記事は黒木睦子さんの企業への風評被害・名誉毀損の拡大版でしかなかった。
衆目を集める為にスラップかどうか証拠が無く、状況がつかめない時にスラップか?
と拡散する事は、「万が一、その情報が正確でない場合、何の落ち度も無い人達が疑惑の目で見られ、傷つく事になる」というリスク予測が全然出来てないんです。


 今まで木星は何度もこの「
こたつねこ@yoshi022氏」には「汚染はない、原告に向けた名誉毀損」と注意をして来ました。

 しかしこちらの「スラップではない、公害裁判ではない」という嗜めも一向に心に届かなかった様子。それならばそれで意見・見解の相違という事で良いのですが、まるでこちら側が「間違った取材をし、取材方法が不適切で被告に嫌がらせをしてきた」かのように受け取られかねないTwieet をしだしたので、流石に腹に据えかねて注意をしましたが、返って来るのは頓珍漢な「当てこすり」ばかりで、話し合いにならず、最終的にブロックしました。
 
  聞く所によると、この「こたつねこ@yoshi022氏」は度々このような「デマを無責任に拡散させている常習犯」という事で、今回の事も何が悪く何が問題なのか全く解ってないようで、再犯の可能性はかなり高いです。
 
 
 
54)
 

 


kotatuneko
下の写真は本日(2015年10月16日)に取得しました。
「こたつねこ@yoshi022氏」は黒木睦子さんの記事を削除するつもりはないようです。
 

34)

53)
25)

21)


写真

12)

岩上安身様。
 IWJの取材と記事に対して、抗議します。

 宮崎県日向市の黒木睦子さんが「日向製錬所」で製造された人工砂「グリーンサンド」を「ゴミ」などと呼び、その「グリーンサンド」を運搬、施工した「サンアイ」と「日向製錬所」二社から「名誉毀損」「営業妨害」で訴えられた裁判ですが、2/4日の裁判で争点は「名誉毀損」であると裁判長が認定しました。
健康、公害問題では無かったのです。
記事の訂正を求めます。

 黒木氏は「グリーンサンド」が埋められた「配偶者実家前の沈殿池水質検査結果」を、鉛210倍ヒ素50倍フッ素20倍総水銀15倍カドミウム3倍セレン3倍が検出された、グリーンサンドを施行中に粉塵被害で子供に咳が出たと主張していますが、日向JA、延岡JA、共に汚染被害報告なし、日向市の小児科、近隣の保育園にも粉塵の健康被害報告なしです。

 
黒木氏はこの沈殿池から出る汚染水で育った米は汚染され、食べられないとしていますが、このような高濃度の汚染水では稲は育ちません。沈殿池から一キロ離れた下流の水田でも汚染は確認されていません。
黒木氏が「投棄された」とする物質、日向製錬所が製造販売している人工砂「グリーンサンド」は水溶性では無いのです。

 
派遣された記者は取材時間に制限があり、訴状や訴因の確認をしなかった。汚染検査の原本も未確認。 せっかく、現地取材であるのに、当地の汚染被害の実態調査も実施しなかった。 基本的な事実関係の確認を怠ったのではありませんか。

 被告の沈殿池から採取した水の水質検査結果は高濃度汚染、行政や日向製錬所が同池を検査した結果は汚染非検出。黒木氏は「原告側が池の水を入れ替えた。だから何も被害が出ていないのだ」としていますが、水溶性でない物質から水質汚染が出るわけないのです。

 取材記者は日向製錬所への直接取材が不可だったのを「取材不可」と表現しIWJ中継市民のよしおか氏が「企業が取材拒否した」と拡散しました。実際は電話取材可能でした。これによって「無辜な主婦VS加害企業」という誤ったイメージが誇張され拡散されました。

 黒木睦子氏の裁判において、常に企業は丁重に取材に答え、行政も資料提出に尽力してくれました。
裁判取材で一番大切な「訴状」「訴因」「争点」「診断書」を隠し、「取材拒否」しているのは黒木睦子氏の方なのです。

 私は
「IWJの取材を企業が拒否した」という事実無根の拡散と「黒木睦子氏の証拠のない主張を全て取り上げた」と言う事によって「IWJはデマを流した」との謗りを免れない、と思いますが、岩上さんはどのようにお考えですか。
IWJは「岩上安身 責任編集」です。

 この裁判の訴因は「グリーンサンド」を運んだ運搬会社「サンアイ」社長を根拠なく「暴力団と繋がっている」「暴力団を使って嫌がらせしてくる」等の虚偽をブログに書き込み、同社員の顔写真や社長の携帯電話の番号なども合わせて掲載し、削除を申し込まれていても2年間放置していた事です。

 裁判当日には訴状がネットにUPされていました。 記事の主観変更に猶予はありました。訴因・争点の確認を怠った取材の初動ミスは明らかです。 裁判長が認めた争点を告知し、「ぎぎまき」氏の取材記事は事実関係の確認がなされないまま記事になった事を明らかにすべきです。

 そして「証拠のない黒木氏の主張」によって様々な「負の副産物」が生まれています。黒木氏の支援者がカンパを募っていましたが、集金したままで、その人物は連絡がつかなくなったそうです。市民も応援派と懐疑派で分断されました。IWJの記事に軌道修正を求めます。


 画像は、取材記者が企業への直接取材を「取材不可」と書いたのをIWJ中継市民の「よしおか氏」のあたかも企業が取材拒否しているかのように印象させるTwitte。95RTされている。


54

黒木氏がHPで示している配偶者実家前の造成地内の沈殿池から検出されたとする水質汚染被害結果表。
しかし、行政や企業と支援者が検査したところ、汚染物質は検出されなかった。
黒木氏が「投棄された」とする人工砂「グリーンサンド」は非水溶性物質。
水質に汚染被害が出るのは科学的ににはおかしな事だ。
32
日向市、西川内の米が汚染されていると呟く黒木氏。99RTされている。
上記の水が希釈されたとしてもこの濃度の汚染水で稲作は出来るのだろうか。 
畑の農作物は被害なく育つのだろうか。 

32
18


 

このページのトップヘ