木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: STAP



「シマノさん」より情報提供。 

文部科学省による「再生医療の実現化プロジェクト」研究開発の概要

平成16年6月22日 という文書が存在します。

http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/hyouka/haihu37/siryo3-1.pdf

 臍帯血を使った幹細胞バンクの事業化プロジェクトです。
それとヒト神経組織を幹細胞化バンクの事業化・・・という内容です。

 医療バンクというと、骨髄バンクが有名ですね。
出産経験のある方や医療に携わる方、医大の学生さんなら臍帯血という言葉をご存知でしょうが、一般にはなじみの薄い言葉です。

 臍帯血とは 「へその緒」(臍帯)の中に含まれる胎児の血液 です。
白血病の根本的治療に使われ、造血幹細胞移植において、造血幹細胞の供給源として使われる。とウィキペディアには書かれています。

研究チームの研究者は笹井博士、丹羽博士、西川博士、若山教授など、のちの平成26年1月に発表された「STAP細胞論文」の共著者達の名前が見受けられます。

体細胞から多能性細胞に分化誘導して実際の医療に有用する研究はこんなに早い時期に行われていたのですね。これにiPS細胞が登場して来る訳ですね。

小保方晴子さんとSTAP細胞研究していた若山照彦教授の研究名は「体細胞核の再プログラム化による幹細胞化」で、STAP細胞の原点が伺えます。
『リーダー 阿形清和、サブリーダー若山照彦 目標要点「クローン胚を用いない体細胞の幹細胞化」』


05)




57)


 ES細胞は受精卵を壊して取り出す「胚性幹細胞」でキリスト教の考えでは殺人として考えられ、ES細胞研究はキリスト教右派政権時のアメリカでは予算を降ろさないなどの研究弾圧がなされました。

 ES細胞の研究者達は胚を使わない新規多能性細胞の研究が急がれた。iPS細胞はまさにその成果で人間の皮膚から採取した体細胞に多能性因子を入れて培養する技術は倫理の面でも実際の医療技術に有用できる点でも優秀な発明でした。STAP細胞はさらに簡単で安全な(一説には癌になる可能性も指摘されている)新規発明とし、最先端の発明ともてはやされた経緯がある。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 早速買って来ました。
冒頭に木星が主催する「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」への賛辞がありました。
身に余る感激です。始めた時は無我夢中で小保方さんに迷惑をかける事になるかも知れない、国が介入しているかも知れない、真相解明は無理かも知れない、でもあきらかにおかしな事はおかしいと誰かが言わなくては、と思い、有志の会を立ち上げました。幸い、科学的に検証する賢い先人達が沢山いましたので、有志の会は「報道不正検証」に絞って問題点を追及して行こうと旗印を上げました。

 有り難い事に、このSTAP問題に関して「報道不正」に強い怒りを感じる方々とTwitterで巡り会う事ができました。有志の会は私一人では運営出来ませんでした。
時に感情的になる私を諌め、記事を下げさせたり、叱ってくれたりして、「有志の会」はなんとか正しい社会性を保っていられたと思います。 今も学識豊かな方々が声をかけて下さり、様々な情報を与えてくださるようになりました。

 当初は有志の会は強い非難や嘲笑も受けましたが、このSTAP問題、メディアスクラムの思い通りにさせない。そんな野蛮な社会はごめん被りたい、報道を私物化して大衆煽動することは、第二次世界大戦で終わりにしなくては、と歯を食いしばりながら、頑張ってきました。
この事件は明らかなメディアスクラム、研究者とジャーナリスト達のメディアスクラムネットワークが存在します。それらは気に入らない人々を葬って来たノウハウを駆使し、報道やSNSを使って小保方晴子さんへの人権侵害・中傷行為が繰り返し行われてきたのです。

 その負の連鎖を断ち切り、正しい情報を受け取り公正に議論される社会になる事を望んで止みません。そして不正なメディアスクラムで失われ尽くした小保方さんの名誉が回復され、研究活動に戻れる日が来る事を切望しています。有志の会の活動は、これからです。

 この問題に興味のあるみなさま、小保方晴子さん著作「あの日」講談社。是非お買い求め下さい。
そして講談社の編集担当に感想や激励を送って下さい。
今、国民の理性が試されています。
 

[文責 木星通信 上田まみ  <mjp@mbr.nifty.com>


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 有志の会にも書きましたが、「専門的で解り辛い・・・」と言うご指摘受けましたので、こちらに書き直しますね。
2015年12月18日付けの古田彩氏の発言。
  
ef93144b-s

 これを見ると、まるで9月に「STAP現象は再現出来ない」という論文がネイチャーに掲載されたかのように思いますが、そんな論文はどこにも存在しません。

 STAP細胞論文へのレビュー(批評)が追試結果とともに掲載されてるだけです。
 『アトモスの部屋』さんより〜
23)
 詳しくは、『アトモスの部屋』さんを読んで頂くとして、時間のない方に簡単に説明すると、STAP細胞論文へのレビュー(査読、批評、追試の感想文みたいなもの)が2報掲載されてるだけで、『STAP細胞の存在を否定する論文』なんか存在しない、という事です。

 須田桃子さんも大々的に『STAP現象 133回追試 すべて作れず』との記事を掲載しておられますが、なんでしょうね。この記事も最初は研究の報告だったのが、最後は学術論文になっていますね。
「研究レポート、論文レビュー」が『学術論文』ならわたくしも明日から博士ですね。

a0455a74-s

 取り下げられた論文の追試をしてその論文の否定論文が『ネイチャー』に掲載されるってちょっと学術論文に詳しいヒトならすぐに可笑しいと解る筈ですけど。『ネイチャー』が科学者の罵り合いの場になっちゃうでしょ?

 こんな簡単な報道トリックを仕掛けて来るなんてそもそも私ら一般人はナメられてますよ。
追試の報告が載っただけなのに『世界レベルで否定された』みたいな印象報道してる訳でしょう?

 もし、このブログ記事を日経グループのヒトが見ていていたら、問題化した方が良いと思いますよ。
『天網恢々粗にして漏らさず』こんな風に”査読”してちゃんと見破るヒトがいるんですから。
後々、問題が大きくなる前に、この事は報道機関としてちゃんと対処した方が良いと思います。

 『戦後最大の報道不正』として教科書に載る前に。
46)

 これも正しくは『若山照彦博士がSTAP細胞から作ったと主張していたFI幹細胞の〜』ですよね?
FI幹細胞は現存してるものは全て若山照彦博士が作製されたんだから。
まるで『既存の細胞』の『混合』である『FI幹細胞』を『小保方さん』が作ったかのように誤解させる表現ですよね?なんでこうなるのかしら?『日経サイエンス』のSTAP細胞の記事、一から読み返してみてね。持ってるヒトは。


 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ぼ、ぼ、僕らはSTAP細胞探偵団♪ 勇気りんりん形成だ♪ 悪い博士はマクロファージだ! 

 やあ、みんな元気?僕はSTAP細胞探偵団のテル♪
久しぶりだね、ここの管理人さんは「体育の日特別企画」とか「勤労感謝の日特別企画」と僕の登場企画を色々考えていたみたいだけど、生来、面倒くさがり屋だからズルズルこの時期になったの。

 そんな事より。ねぇねぇ知ってる?

 STAP細胞事件でまた騒ぎがあったみたい。
ここの管理人さんがアメリカの中国人研究者達が発表した研究が「STAP現象だね!小保方さんの発見は真実だった!」ってブログに書いたら、世間は爆竹投げ込まれたみたいに大騒ぎになったんだよ。

 管理人さんの記事は今30万ヒット超えをしているよ。
まあスクープだよね。

 面白いのは大学教授まで乗り出してこの噂の火消しに躍起になってる事。
「話題になった研究に引用されている小保方さんの論文はSTAP論文ではなく、むしろSTAPだった事を否定している。。。」みたいな事を言ってるみたい。支離滅裂だよね。
STAPの事じゃない論文でどうやってSTAP否定できるんだよ。

  あとはSTAPは弱酸の刺激だから、アメリカの博士達の損傷ストレスと同じではない。
というヒトもいる。研究者らしいけど、STAP細胞の刺激の種類も知らない。
つまりSTAP細胞の情報に関して無知なヒトが、一般人にSTAPの存在を否定するニュースを発表してる。そのおかしさにソロソロ気がついてよ。

 アメリカの博士たちに引用されてる小保方さんの論文がSTAPだと思うなら理研の不正認定に抗議してあげてよ。だって小保方さんは学生時代に書いたこの論文から博士論文を書いていて、その画像をSTAP論文に引用したら「不正認定」されちゃったんだよ。過去に書いた自分の論文の引用で、だよ。
博士論文の研究内容はSTAPと関係ない博士論文からの引用は不正だ!ってさ。

暴力だろ。こんなの。

 管理人さんは自分の記事が18万アクセス超えした時に有識者にメールを送ってる。
「この後、すごい揺り戻しがきて、こちら側がデマだという工作もあるだろうと思います。しかし科学的事実は崩せません。」きっぱりだよ。清々しいだろう?微塵も揺るがない。


 理研はSTAP現象、STAP細胞の定義についてこう発表している。
『STAP現象は万能性までを言うとしたら、STAP現象から作り出された細胞をSTAP細胞と言う。』
だから万能性が確認出来ないなら『STAP現象』ではなく、『STAP細胞が作り出された』でも良いと思う。少しその辺は管理人さんが早とちりしているね。

 それから、驚異的アクセスで、『小保方晴子さんの不正な報道を追及する有志の会』会員が欣喜雀躍してる、かと言うとそんな事もなくて。(漢字読める?)

 バーゲンが終わってからっぽになった倉庫の中で石油ストーブに当たりながら「これからどうスですかね?」みたいな感じ。


 だってそうでしょう?本来なら有志の会の人達がSTAP細胞を再現して『STAP細胞はありまーす!』
って言わなきゃ。それでこそ報道不正を告発出来るでしょ?でもそんな専門的技術は無いから、資料取り寄せて『あーだこーだ』言うしかないのね。クスクス。

 で、それを試験的段階とはいえ、米国のSTAP細胞に似た研究レポートが発表されたから、それをたたき台にして議論して行こうか?みたいな感じ。みんな大人で(管理人さんを除いて)冷静だよ。

 でも、オボちゃんが発明したストレスで体細胞が初期化(リプログラミング)した事を実証する研究報告がこんなに早く出るとは誰も予想してなかった。STAP細胞様再発見でSTAPが存在した事の真相解明をするには10年くらいかかるかも、と有志の会の人は言っていたから。

 それから、細胞の初期化は前から研究されてた、小保方さんの発明じゃない、って言う人もいるけど、それじゃ、STAP細胞が発見された時、なんで前から「細胞の初期化は前からありまぁ〜〜す!」って言わないの?STAP細胞はさ、細胞は一端分化したら元に戻る事は無い、って言うのが定説だったの。
だからオボちゃんが「オレンジジュースで初期化しました!」って言ったときは生物学会はヒックリ返った訳なのね。

 『バカの壁』で有名な養老孟司さんが『ねつ造の科学者』「論評」でこんな事を述べておられた。
『生物は元来歴史的存在であり、「記憶の消去」はできない。記憶を完全に消去したら細胞自体が消える。いいたいことはわかるが、これは実験家の夢である。初期化とはまさに工学の発想であり、生物学ではない。』

 ね?STAPの否定に使われているんだよ。

STAPを否定するときは「体細胞が物理的刺激で初期化する事はない!」
同じ発見があったよ、言えば「体細胞が物理的刺激で初期化する研究は前からあったオボの発見じゃない」

 クスクス。。。

 ようするに「否定の為のロジック」ありきなんだよね。
「だからお前はだめだ」「お前だからだめなんだ」みたいなね。パワハラだろ。こんなの。
養老さんは今回の「物理的刺激でマウスの骨格筋細胞がリプログラミング!」をどう思うのかしら?
聞いてみたいね。だれか大人の人やってみせてよ。

 僕はまだ子供だし。
そうそう、管理人さんは第二矢も用意してるかもよ。
内容は秘密だよ。

 管理人さんは今、有志の会についてどこのメディアもちゃんと取材しないで勝手な憶測記事書いてるから怒ってる。今巷にある有志の会への批評、まったく無取材で書いてるからね。
みなさん、巨大メディアって意外にいいかげんでしょ?

 ま、僕は年賀状書きに忙しいからまたね。
みなさん良いクリスマスを迎えてね〜! おしまい。









 
 



 

 


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 動物実験(マウス)で筋肉の損傷ストレスにより体細胞が初期化され、多能性を持ち、ES細胞に似た細胞に変化するとした実験結果がネイチャーの姉妹誌版『scientific reports』で報告されました。
「外的刺激(ストレス)で細胞が初期化、多能性を持つ」まさにSTAP現象です。 ※下記グーグル翻訳

http://www.nature.com/articles/srep17355
 「損傷誘導性の筋肉由来幹細胞様細胞」 (訂正します。キメラマウス実験で体細胞から初期化した細胞で脳や肺にGFPが認められたとの事です)

【STAP現象と同じ原理で細胞が初期化する事が報告された】

 この報告書では負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集団を発見した_とあります。
「物理的ストレスで体細胞が初期化され、多能性を持つ」とされるSTAP細胞と同じ原理が記されています。同報告書で引用された論文「The Potential of Ston Cells in Adult Tissues Representative of the Three Gern Layers」は小保方晴子さんがハーバード留学時代にまとめあげた論文です。
小保方さんはこの論文を元に博士論文を構成し、学位を得ましたが、該当論文の草稿を誤って製本、提出したために、それが研究不正と認定され、学位を剥奪されました。

19)


【笹井博士の驚きは幹細胞学者として正しかった】
 
  STAP細胞事件が問題化してから論文の共著者で旧理研CDBの副センター長であった笹井芳樹博士(享年52)はマスメディアの不当なバッシングを苦にして理研施設内で首つり自殺されましたが、笹井博士は小保方さんのSTAP論文についてこのようにコメントしています。
「素晴らしい成果です。私自身、外部からのストレスが細胞にこのような効果をもたらすとは思ってもみませんでした」と、同研究センターの幹細胞研究者で2つの論文の共著者である笹井芳樹は話す。

http://www.nature.com/news/acid-bath-offers-easy-path-to-stem-cells-1.14600

【小保方晴子さんのSTAP現象発見は真実だった】

 さらにネイチャーの「Acid bath offers easy path to stem cells」では小保方さんの発明をこのように紹介しています。ここから引用〜『小保方によれば、細胞にストレスをかけると分化多能性を持つようになるというアイデアは、細胞の培養作業中に浮かんだという。細胞を実験用の毛細管に通すと、ぎゅっと圧迫された細胞の一部に、幹細胞と同程度の大きさに縮むものがあることに気付いた。そこで彼女は、細胞に熱や飢餓状態、高濃度カルシウム環境などのさまざまな種類のストレスを加えてみた。その結果、①細胞膜に穴を開ける細菌毒素、②低pH溶液に浸けること、③物理的な圧迫のいずれかによるストレスで、細胞が分化多能性を示すマーカーを発現するようになった。』引用終わり〜

 今回の「損傷誘導性の筋肉由来幹細胞様細胞」http://www.nature.com/articles/srep17355
では負傷のショック、外的ストレスで未分化細胞になる細胞群が発見されたという事ですから小保方さんの『細胞にストレスをかけると分化多能性を持つようになる』発見は正しかったと証明された事になります。まだ報告書の段階ですが、これらの研究が進み「外的ストレスで細胞が未分化、多能性細胞になる」発見がノーベル賞を取ったら小保方さんの発明を潰した連中は国益を損ねた事になりませんか。 これから、体細胞がストレスにより初期化されて幹細胞になる研究には必ず小保方さんの論文が柱になるでしょう。

 

【STAP現象の多能性は報告された。】

  小保方さんが作ったSTAP細胞から幹細胞に樹立し、キメラマウスを作ったのは若山照彦博士(山梨大学教授)。さらにES細胞では作れないとされた胎盤まで作れ、STAP現象が万能性である事を証明したFI幹細胞を樹立し、キメラマウス実験をなさった若山照彦博士の「STAP細胞の信頼が揺らいだ」と論文撤回を呼びかけた事の主旨を改めて説明する義務が生じた、と木星は思います。 関連記事 若山照彦博士はSTAP幹細胞の移管手続き書に二回判を押した。 http://jupiter-press.doorblog.jp/archives/45756591.html
STAP-I0 2
クリックすると、書類が拡大されます。



  
19)

関連日本語ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/16988506.html#16992044 

 
 ネイチャー論文日本語翻訳 http://www.nature.com/articles/srep17355


Abstract
我々は最近、負傷したマウス骨格筋からの幹細胞の新規な集団を発見しました。これらの傷害誘導性の筋肉由来幹細胞様細胞(iMuSCs)は部分的に分化した筋原細胞から再プログラムおよび多能性のような状態を表示しています。このような神経性および筋原分化などの複数の系統に分化する能力を含むiMuSCs展示幹細胞の性質;彼らはまた、in vivoでの筋肉の生着の強力な能力を実証する優れた移行容量を表示します。 IMuSCsには、いくつかの多能性および筋原幹細胞マーカーを発現します。胚様体及び奇形腫を形成する能力を有し、そして3つのすべての胚葉に分化することができます。また、胚盤胞のマイクロインジェクションは、iMuSCsキメラ胚に貢献したが、生殖系列伝達を完了できなかったことを示しました。我々の結果は、iMuSCsが負傷した骨格筋の微小環境によって生成された多能性の部分的に再プログラムされた状態であることを示しています。 

Introducion
損傷後の組織修復は、組織常駐前駆体および幹細胞の活性化、および局所および全身の信号に応答する細胞の浸潤の多様性を含む複雑な生物学的プロセスです。哺乳動物の骨格筋の再生には、筋線維の基底膜と筋細胞膜の間に位置する単核細胞の集団である衛星細胞と筋肉幹細胞(MuSCs)、などの常駐筋前駆cells1,2の活性化および増殖に依存しています。 MuSCsは、細胞の機能的に不均一な集団であり、可変増殖速度、マーカー発現プロフィール、自己再生能力、クローン原性および分化capacities2,3を持っています。我々は以前MuSCsうち、iMuSCsの小集団が存在することを発見した、我々のlaboratory4で確立Cre-loxPシステムを用い、損傷したマウスの骨格筋から単離することができます。我々はiMuSCsは、CD34を発現するのSca1(細胞抗原-1幹)、およびPAX7(ペアボックスタンパク質7)だけでなく、vivo5に強い筋原性分化および筋肉の再生能力を提示するだけでなくことが示されています。さらに、我々はiMuSCsは、細胞の挙動を幹実証し、そのような癒さ骨格muscle4におけるCD31 +内皮様細胞などの非筋原性系統に分化することが可能であることを実証しました。ここでは、さらに、それらの形態、マーカー発現プロフィール、多能性、渡り鳥能力と分化能力に焦点を当て、iMuSCsの特有の性質を調べます。

Results
我々の確立された細胞分離法(図1a)を適用することによりiMuSCs正常負傷したマウスの前脛骨(TA)筋から単離しました。三日後、細胞単離後、増殖iMuSCs(約全体筋細胞集団の0.1%)を培養皿に現れました。しかし、細胞は、対照から確立された培養物中に存在していない無傷の筋肉(図1b)。顕微鏡評価は、代表iMuSCsは、直径5-7ミクロンであった比較的大きな核と細胞質の狭いリムが含まれていることが明らかになりました。それらの核はMSX1(MSHホメオボックス1)式(補足図S1aと)とヘキスト33342陽性および取り込まれたBrdU(ブロモデオキシウリジン)となりました。たてPAX7とのSca1(図1c)を発現する少数の細胞であったそのうちの陽性細胞を単離し、またはiMuSCsの初期の人口はMSX1およびCXCR4(CXCケモカイン受容体タイプ4)の割合が高いが含まれていました。全体生検負傷したTA筋肉の遺伝子発現分析は、MSX1、(またPOU5F1と呼ばれる)のOct4、Sox2の制御無傷古い脛骨筋(図1dおよび補足図と比較してアップレギュレート(SRYボックス2)およびNanogの発現がありました。S1bが)。新たに単離したiMuSCsは筋原幹細胞関連マーカー、すなわちのSca1、PAX7およびCD34、およびコア多能性マーカー遺伝子、すなわちのOct4、Sox2のおよびNanog発現した(図1E及び補足図。S1cを)。培養iMuSCsは、13時間の平均の細胞集団の倍加時間を有する筋成長培地中でin vitroで増殖させました。細胞遺伝学的解析は、iMuSCsが正常な女性核型を持っていたことを明らかにしました。しかし、染色体異常は、染色体5(補足図S1D)のためのトリソミーで、その結果、長期培養(継代33)の間に現れました。また、iMuSCsが顕著マイグレーション特性を有していたことを発見しました。タイムラプス運動性アッセイからのデータは、iMuSCsは対照マウス筋芽細胞株、C2C12に比べて長く、より高い速度と距離を移行していることを確認し、コントロールから分離しMuSCsは(図1F)筋肉を無傷。また、iMuSCsはmRNAレベル(図1G)でβカテニンおよびいくつかのカドヘリンを高レベルで発現しました。

体外多能分化アッセイでiMuSCsはMyHC +(ミオシン重鎖)制御MuSCsとC2C12筋芽細胞(図2a)と同様の融合インデックスを持つ筋分化培地中で筋管と融合することができたことを示しました。 iMuSCsもBMP2と骨形成培地内の骨形成系統(補足図S2)に分化することが可能でした。 iMuSCsも簡単かつ効果的に、一週間のために神経幹細胞培地(方法を参照)で一度培養ニューロスフェアの形成を介して神経性系統に誘導することができた(図2b)、制御一次筋芽細胞およびMuSCsはこれらの構造を形成するの兆候を示さありませんでした。 iMuSCsによって誘発されるニューロスフェアは、神経表現型を示し、ネスチン、CNPアーゼとNefm(ニューロフィラメント)(図2b)を表明しました。 3週間後、神経分化培地にラミニン/ポリオルニチンコーティングした単層培養でメッキ再ニューロスフェアは、三つの主要な神経系統(ニューロン、アストロサイト、およびオリゴデンドロサイト)に分化することができ、彼らはMtap2を表明し、βチューブリンIII、Nefm 、ネスチンおよびOlig1 / 2(オリゴデンドロサイト転写因子1/2)(図2B、C) 

さらにiMuSCsの起源を調べるために、我々は、in vivo筋肉内移植試験で行いました。 iMuSCsと制御MuSCs同数のは6 6-8週齢の雄のmdx / SCIDマウス(ジャクソン研究所、米国)のTA筋に注射しました。二三週間の細胞移植後、我々はホストのTA筋肉のユートロフィンとジストロフィン(図2d)の発現を検出し、iMuSCs制御MuSCs(図2d)と比較して、より大きく、より強固なジストロフィン+筋肉移植片を形成していることが観察されました。

我々はまた、iMuSCsの遺伝子及びタンパク質発現プロファイルを明らかにするために、定量的リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)および免疫組織化学分析を行い、胚性幹細胞(ESC)および筋原幹細胞(C2C12及びMuSCs)にこれらを比較しました。 iMuSCsはESCのと同様に、(B、図3a及び補足図のS3a)のOct4、SSEA1(段階特異的胚抗原1)、Sox2の、CXCR4、MSX1、PAX7、とのSca1を発現したが、より低い発現レベルで。 QPCR分析はiMuSCsがESG1及びDAX1(図3B)を除いて、多能性マーカー遺伝子の大部分を発現することを明らかにしました。しかし、ESCは異なり、iMuSCsは筋原性マーカー遺伝子を発現し、興味深いことに、始原生殖細胞関連マーカーの一部、例えばBlimp1とフラジリス、そのようなCD45またはCD90(図3c)として、他の系統に関連した遺伝子を発現しませんでした。また、iMuSCsは、アルカリホスファターゼ(図3a)に対して陽性でした。これらの結果は、彼らが筋原性メモリ(ESCのに比べて、筋原性遺伝子の例えば、高発現を維持するため、iMuSCsは、に似ていますが、ESCのと同じではないことを示し、容易にin vitroで筋原系統に分化するように誘導され、生体内で)。

iMuSCsの多能性を明確にするために、我々はiMuSCsシャーレで胚様体(EB)(図3d、e)を形成することができることを示したin vitroでのassays6,7分化を行いました。浮遊培養で7日後、EBを拡大し、自発的分化を開始した外胚葉と中胚葉胚葉種々の誘導体にし、さらに2週間培養した後、付属のEBは、神経のような構造に包含多核筋管を収縮を形成した(図3F 、G)。我々はさらに、in vivoで奇形腫形成によってiMuSCsの多能性を検討しました。 7週間のSCIDベージュマウス(ジャクソン研究所、米国)に移植すると、iMuSCsは(90%、N = 7)は、3つの胚葉の代表組織を含む(図4a)奇形腫を形成しました。組織学的検査はiMuSCsは、神経、筋肉、および脂肪組織、および上皮に分化することを明らかにしました。奇形腫は、移植された細胞から直接形成されたことを確認するには、iMuSCsは、注射の前にβ-galで事前に標識し、我々はLacZを(図で染色したとき奇形腫内のすべての3つの胚葉誘導体は、β-galの+細胞を含んでいた検出した。図4b )。

iMuSCsはキメラマウスを生じさせることができるかどうかを評価するために、胚盤胞注入アッセイを行った(図4c)。我々は、標準的なprocedures8以下のマイクロインジェクションによってのBALB / c(ジャクソン研究所、米国)胚盤胞に未分化のβ-gal +および単一細胞としてのGFP-予め標識iMuSCsを移しました。我々は、6が適切に開発され、胚にGFP + iMuSCsの寄与を示し、E14で8胚を得ました。 β-galおよびGFP発現細胞の高〜中程度の貢献は、これらのE14のキメラ胚(図4c、dおよび補足図S4aでは)で見ることができました。組織学的分析は、iMuSCsはすべての3つの胚葉(図4E及び補足図S4bと)に寄与していることを確認しました。 iMuSCs注入した胚盤胞由来子孫が生まれ、正常に開発されました。この実験を3回繰り返した後、私たちは白衣(補足表S1)を持って生まれた23匹の子、すべてを得ました。自分の髪がiMuSCsが表示されませんでしたが、生殖系列伝達、免疫染色およびqPCR分析は、図(例えば、皮膚、筋肉、心臓、肺、腎臓、脾臓、および脳などの仔のいくつかの組織でのLacZ +およびGFP + iMuSCsの存在を明らかにした。4Fと補足図ステップS4c)。

Discussion
矛盾した結果が、様々なgroups9,10,11,12,13,14,15によって報告されているので、成体組織における多能性細胞様細胞の存在は、年間の論争の種となっています。しかし、研究は、これまで、そのような多能性幹細胞は、分化した体細胞組織から生じ得ることを証明していません。本研究では、細胞の再プログラミングが骨格筋を負傷しているときに発生する強い刺激することによって開始することができることを明らかにしました。このように、我々が負傷骨格筋から再プログラムさiMuSCsを単離することができました。

まとめると、我々の知見は、iMuSCsこれまで研究されたすべての細胞型とは異なる特性(形態、大きさ、および遺伝子発現プロフィール)を有する細胞のユニークな、非常に敏感な集団であることを示しています。 IMuSCsはESCの代表的ないくつかの特徴を表示する(細胞質の狭い縁に囲まれた例えば大型核、高い核/細胞質比、開いたクロマチン、非構造化核質、及び染色体の二倍体数)(表1)だけでなく、いくつかの多能性を表現するだけでなく、マーカー遺伝子は、筋原性遺伝子の高い発現レベルを維持します。また、本研究の最も注目すべき発見はiMuSCsは、in vitroおよびin vivoでの多能性のための基準のいくつかの成就ということでした。しかし、我々は、胚盤胞のマイクロインジェクション後に生殖系列伝達とiMuSCsを得ることができませんでした。これはiMuSCsは、多能性マーカーの低い遺伝子発現プロファイル(例えば、あるOct4、Nanogの、及びSox2の)を有するとのESCと比較した場合、ESG1及びDAX1発現を欠いているという事実に起因し得ます。それはiMuSCsによってのBlimp1、フラジリスおよび筋原性マーカー遺伝子の比較的高い発現がこの観察に寄与​​し得ることももっともらしいです。これらの結果は、iMuSCsが多能性を完全に退行し、おそらく彼らの筋原組織起源のエピジェネティックな記憶を保持していないことを示しています。このようなDNAメチラーゼまたはNanogの過剰発現の阻害などiMuSCsのさらなる操作は、潜在的に完全な多能性を達成するためにiMuSCsをプッシュすることができます。


http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/16988506.html#16992044">
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ