木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: STAP現象

 有志の会にも書きましたが、「専門的で解り辛い・・・」と言うご指摘受けましたので、こちらに書き直しますね。
2015年12月18日付けの古田彩氏の発言。
  
ef93144b-s

 これを見ると、まるで9月に「STAP現象は再現出来ない」という論文がネイチャーに掲載されたかのように思いますが、そんな論文はどこにも存在しません。

 STAP細胞論文へのレビュー(批評)が追試結果とともに掲載されてるだけです。
 『アトモスの部屋』さんより〜
23)
 詳しくは、『アトモスの部屋』さんを読んで頂くとして、時間のない方に簡単に説明すると、STAP細胞論文へのレビュー(査読、批評、追試の感想文みたいなもの)が2報掲載されてるだけで、『STAP細胞の存在を否定する論文』なんか存在しない、という事です。

 須田桃子さんも大々的に『STAP現象 133回追試 すべて作れず』との記事を掲載しておられますが、なんでしょうね。この記事も最初は研究の報告だったのが、最後は学術論文になっていますね。
「研究レポート、論文レビュー」が『学術論文』ならわたくしも明日から博士ですね。

a0455a74-s

 取り下げられた論文の追試をしてその論文の否定論文が『ネイチャー』に掲載されるってちょっと学術論文に詳しいヒトならすぐに可笑しいと解る筈ですけど。『ネイチャー』が科学者の罵り合いの場になっちゃうでしょ?

 こんな簡単な報道トリックを仕掛けて来るなんてそもそも私ら一般人はナメられてますよ。
追試の報告が載っただけなのに『世界レベルで否定された』みたいな印象報道してる訳でしょう?

 もし、このブログ記事を日経グループのヒトが見ていていたら、問題化した方が良いと思いますよ。
『天網恢々粗にして漏らさず』こんな風に”査読”してちゃんと見破るヒトがいるんですから。
後々、問題が大きくなる前に、この事は報道機関としてちゃんと対処した方が良いと思います。

 『戦後最大の報道不正』として教科書に載る前に。
46)

 これも正しくは『若山照彦博士がSTAP細胞から作ったと主張していたFI幹細胞の〜』ですよね?
FI幹細胞は現存してるものは全て若山照彦博士が作製されたんだから。
まるで『既存の細胞』の『混合』である『FI幹細胞』を『小保方さん』が作ったかのように誤解させる表現ですよね?なんでこうなるのかしら?『日経サイエンス』のSTAP細胞の記事、一から読み返してみてね。持ってるヒトは。


 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加



もう一回書いておきますね。


この桂調査委に示された
wakayama129sv3

はレター論文でもアーティクル論文でもAC129が使われた、と書いてあります。
(可能性ですけど・・・可能性って・・・)
つまり、文言を<解析>すると、レター論文のFig4に使われ云々とアーティクルに使われた129/Sv
から樹立したSTAP幹細胞はAC129だと書いてあります。

つまり、129/Sv Rosa26-GFPからは作られてないけど、129/Svから樹立したSTAP幹細胞だよ、と書いてあります。つまり、レター論文とアーティクル論文に使われたのはマウス129/Svで、【白いマウス】 のはずだ、と木星は主張します。そして、129でキメラマウスを作ったデータがないとのリーク情報を受けました。

ですので、STAP=MTA記載の129/Svは中身が元々129B6F1だった。
(STAP-MTA 129/Sv=129B6F1)=(129/Sv=129B6)を維持します。 

よって若山博士は小保方博士に129/Svを渡していないという回答_推察も維持します。

 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

始まりはこの会話から。

Letterに使用されたFI幹細胞CTS1にOct4-GFPの挿入がないことが実証された。本調査委員会では論文に記載されたOct4-GFPが挿入されたFI幹細胞株が作製された証拠を得ることはできなかった。こちらの方が科学記者として問題視するべきですよね。
 
結局、強引にでも理研の公式発表は「不作為のES細胞での混入事件」って事になり。「誰も研究不正はしなかった」で決着。小保方さんの過失はデータ引用だけだった。なら、あのバッシングは何だったのか。理研はコンタミならその管理責任は若山研究室にあると指摘している。




01)
するとODOハカセ登場。

52)

『ESではない実験をしていたので小保方博士は確実にESである事を知っていた』
とのたまうODOさん。
 
いやいや、STAP幹細胞、FI幹細胞を作っていたのは若山博士だけ、なので、そうなると若山博士もES細胞だと一緒に知っていた事になるんですよ。

むしろ、ESではないデータを小保方博士が作らされていた、と考える方が自然では?

いいですか。
実験をしてその細胞を樹立した人がその細胞の偽造を知らなかった、関与がない、なんてあり得ないんですよ。

例えば、この話しは食中毒を出した店が「料理のレシピを作った人(小保方博士)が悪い、料理を作ったコック(若山博士)には食中毒の責任はない、悪くない。」って言ってるようなトンデモ理論なんですよ。一般社会常識なし。相手にする事ないです。


下のODOハカセのコメントは小保方博士がSTAP幹細胞がES細胞ではない、とする実験をしてES細胞ではなかったとする報告書を出した、事をさしています。しかしSTAP幹細胞を作ったのは若山博士なんですよ。
 
51)
『ODOさんの小保方博士がES細胞だと知っていた証拠する発言のまとめ。』

02)



FI幹細胞のNGSデータ(塩基配列解析)のサンプル調整は小保方博士だと。
しかし、FI幹細胞を全て樹立させたのは若山博士なんですよ。
その若山博士が作ったFI幹細胞のデータ解析をしただけ。
それで作った人より、解析データ作った人が可笑しいって?
謎だらけなんですけど?



FI幹細胞は全て若山博士が作った、と調査委の報告でバレてるのにも係らず、若山博士の関与は薄い。
とのたまうDODハカセ。

10)
48)
 
20)
36)

小保方博士もFI幹細胞を樹立している!とのたまうODO博士。
いえいえ、記録にないなら、『小保方博士が作ったFI幹細胞 』は論文データで遠藤博士は解析出来ないんですよ。残ってない料理の素材を求められないのと一緒。
小保方博士のFI幹細胞樹立は科学理論的には存在してないっしょお?
試料が残ってないから両方の責任の確認が取れないとか。
若山博士の樹立したFI幹細胞のデータしか残ってないんでしょう?

という事は遠藤博士が解析した論文データは若山博士が樹立されたFI幹細胞。
ですので、遠藤博士が解析したデータで正体が割れたFI幹細胞の製造責任は若山博士にあります。

なのに若山博士は関与が薄いだとぉおお?
どこまで非科学的理論を展開すれば気が済むんでしょうか?

非科学的な『邪推』で人を犯人扱いして、偽造細胞の製造者は守るとか。やってる事は石器時代なんですけど?


    このエントリーをはてなブックマークに追加

 今まで調査してきたSTAP細胞事件をまとめました。

木星通信の調査 「若山博士は第三者機関に解析を頼んだか」

若山博士が論文撤回理由にした「若山研にはいないはずのマウスが小保方さんから戻って来た」
若山博士は小保方さんがマウスすり替えたかも、と、とれる表現をした。
試料の解析は第三者機関に解析を依頼した。
第三者機関は放医研だった。記事リンク
しかし放医研広報は「公式にそんな依頼は受けていない」と回答。
若山博士の研究者仲間による解析で、「第三者機関」の解析ではなかった事が判明した。
若山博士からの一方的な発表で誰もその解析データを見ていない。
(STAP細胞の記事を掲載したNewton編集部に確認、第三者機関のデータは見ていないと証言)

________________結論____________________

若山博士はこの「第三者機関」への解析によって、「若山研にはいないはずのマウスが小保方さんから戻って来た」として論文撤回を呼びかけた。
しかしこの解析は誤りがあったとして、若山研のマウスで実験が行われていた可能性があるとした。
 若山博士は「ネイチャー」のSTAP現象論文撤回理由(若山研のマウス由来の細胞だったとする撤回理由)を他共著者に無断で書き換えた事も解った。記事リンク

若山博士の論文撤回呼びかけ理由は謎が多い。


木星通信調査 「小保方博士はES細胞を窃盗したか」

理研広報「細胞の盗難・紛失事件は起きた事がない」と回答。
若山研が在籍していた旧理研CDBにも、山梨大学にも「細胞の盗難・紛失届け」は存在しない。
若山研が山梨大学に移管した手続き書を見ると、STAP細胞実験は「2011年11月25日」からスタートしており、2011年から2012年にかけてSTAP細胞の実験成果物が作られている。

NHK「STAP細胞不正の深層」2014年7月27日放送では留学生が作ったES細胞が小保方博士の冷蔵庫から見つかった。留学生は「なぜそれがSTAPと関係あるところにあるのか」とインタビューに驚いた様子を見せた。その細胞は「去年(2013年)引越の時に(若山研が)持って行くはずだったものだ。としている。

写真週刊誌『FRIDAY』の「石川智久 小保方晴子を窃盗容疑で刑事告発する」では、2013年の1月ー4月のバタバタしている時に盗まれたとしかおもえない」と理研関係者の証言を載せている。

このふたつの主張が一致するところは「ES細胞の窃盗時期は2013年1月ー4月」と設定される。
しかし、最初のSTAP細胞実験成功は2011年11月25日だ。
そしてその翌年、沢山のSTAP細胞が樹立されている。
2013年1−4月は実験はほとんど行われていない。



__________結論___________________

「小保方博士が留学生のES細胞を引越時期に盗んだ」とする主張は実験成功時期と時系列が合わず、小保方博士のアリバイは成立する。


木星通信調査「幻のFI幹細胞」

若山研究室の細胞引越手続き書、試料提携契約書(MTA)にはFI幹細胞はなかった。
STAP細胞実験、それ以外の実験のMTAには記載がない。
小保方博士の冷蔵庫からもFI幹細胞は見つかっていない。

では遠藤博士がデータ解析したFI幹細胞とは。

______結論_____

STAP細胞が捏造ではなく、FI幹細胞こそが捏造実験である可能性が高い。


木星通信調査「FES1 と2」はどこから。

小保方博士の冷凍庫から見つかったES細胞「FES1と2」これがSTAP細胞実験に使われていたものだと判明した。
大田浩博士が旧理研CDB若山研究室に在籍中に作製した受精卵ES細胞で2005年に作られたもの。
これは2010年に大田博士が京大へと移管させた。
なぜ小保方博士の冷凍庫に存在するのか。

現在調査中。
京大に情報公開開示書請求中。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ