木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: STAP論文

 若山博士が小保方博士に渡したマウスは元々129B6で129/Svでは実験してないのではないか、という考察について、かなりい厳しいご批判を頂いています。
昨日のオフ会で私の表現が誤解を招くものであったという事も指摘を受けました。
なのでもう一回書いておきます。
wakayama129sv3
 桂報告書10Pのこの個所ですが、ここに記載されているSTAP幹細胞AC129はMTA記載の129/Svであると思われます。129/Sv-carrying Roza26-GFPからSTAP幹細胞を樹立したとあるのは誤記である。
ここはこの通りで、ここに記載のあるSTAP幹細胞は129/Svから樹立したAC129-1と2です。
これをLetter論文のFig.4に使用された可能性を示しています。
しかし既に浅見真規さんが指摘されているように、Fig.4には129/Sv×B6のマウスが示されています。
この事は、若山博士が小保方博士に渡したマウスが白いマウス129/Svでなかったという事を示しています。
06)


 元々129/Svでの実験は存在していない、という事実を端的に示しています。
ですので、STAP-MTAに記載のある129/Svは中身が129B6から作られた129B6F1であるという私の推論に全く変わりありません。

 若山照彦博士の論文撤回理由はSTAP細胞騒動の起爆で、これによって小保方博士のみに嫌疑がかかり、白熱した疑惑は暴走して笹井芳樹を絞首刑にしました。

 市民の皆さんが様々に議論し、検証する事はリテラシー能力を育てる上でも大変重要であると思います。厳しい反論、ご意見、歓迎します。

54)



 この「若山博士が小保方博士に渡したマウスは元々129B6であった」説、どんどん考証して下さい。
間違っていたり、誤った推察であるのなら、木星も謝罪し、記事を削除致します。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

始まりはこの会話から。

Letterに使用されたFI幹細胞CTS1にOct4-GFPの挿入がないことが実証された。本調査委員会では論文に記載されたOct4-GFPが挿入されたFI幹細胞株が作製された証拠を得ることはできなかった。こちらの方が科学記者として問題視するべきですよね。
 
結局、強引にでも理研の公式発表は「不作為のES細胞での混入事件」って事になり。「誰も研究不正はしなかった」で決着。小保方さんの過失はデータ引用だけだった。なら、あのバッシングは何だったのか。理研はコンタミならその管理責任は若山研究室にあると指摘している。




01)
するとODOハカセ登場。

52)

『ESではない実験をしていたので小保方博士は確実にESである事を知っていた』
とのたまうODOさん。
 
いやいや、STAP幹細胞、FI幹細胞を作っていたのは若山博士だけ、なので、そうなると若山博士もES細胞だと一緒に知っていた事になるんですよ。

むしろ、ESではないデータを小保方博士が作らされていた、と考える方が自然では?

いいですか。
実験をしてその細胞を樹立した人がその細胞の偽造を知らなかった、関与がない、なんてあり得ないんですよ。

例えば、この話しは食中毒を出した店が「料理のレシピを作った人(小保方博士)が悪い、料理を作ったコック(若山博士)には食中毒の責任はない、悪くない。」って言ってるようなトンデモ理論なんですよ。一般社会常識なし。相手にする事ないです。


下のODOハカセのコメントは小保方博士がSTAP幹細胞がES細胞ではない、とする実験をしてES細胞ではなかったとする報告書を出した、事をさしています。しかしSTAP幹細胞を作ったのは若山博士なんですよ。
 
51)
『ODOさんの小保方博士がES細胞だと知っていた証拠する発言のまとめ。』

02)



FI幹細胞のNGSデータ(塩基配列解析)のサンプル調整は小保方博士だと。
しかし、FI幹細胞を全て樹立させたのは若山博士なんですよ。
その若山博士が作ったFI幹細胞のデータ解析をしただけ。
それで作った人より、解析データ作った人が可笑しいって?
謎だらけなんですけど?



FI幹細胞は全て若山博士が作った、と調査委の報告でバレてるのにも係らず、若山博士の関与は薄い。
とのたまうDODハカセ。

10)
48)
 
20)
36)

小保方博士もFI幹細胞を樹立している!とのたまうODO博士。
いえいえ、記録にないなら、『小保方博士が作ったFI幹細胞 』は論文データで遠藤博士は解析出来ないんですよ。残ってない料理の素材を求められないのと一緒。
小保方博士のFI幹細胞樹立は科学理論的には存在してないっしょお?
試料が残ってないから両方の責任の確認が取れないとか。
若山博士の樹立したFI幹細胞のデータしか残ってないんでしょう?

という事は遠藤博士が解析した論文データは若山博士が樹立されたFI幹細胞。
ですので、遠藤博士が解析したデータで正体が割れたFI幹細胞の製造責任は若山博士にあります。

なのに若山博士は関与が薄いだとぉおお?
どこまで非科学的理論を展開すれば気が済むんでしょうか?

非科学的な『邪推』で人を犯人扱いして、偽造細胞の製造者は守るとか。やってる事は石器時代なんですけど?


    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年3月27日(金)今朝早くにSTAP細胞論文について、眞葛原雪さんの重要なtwitteが流れてると連絡があり、あまりにも衝撃的な内容でしたので、纏めました。

 高度な専門的な内容で最初は何を伝えようとしているのか解りませんでした。
しかし、なんとか理解すると、小保方博士のSTAP細胞論文の「ネイチャーに投稿した論文」が何者かによって実験用語が書き換えられ、「不正論文」に作り替えられた可能性が高い事が解りました。

 ネイチャーに投稿された電子版「STAP論文」に最終アクセスした人間こそ、「STAP細胞論文を書き換え、論文に疑義がかかるように仕向けた人物」という事になります。

 未見の人はまずはTwitteをお読み下さい。
生物学を勉強した事がなくても、文系でも、このSTAP細胞事件を慎重に見守って来た人達には「あっ!あの時のあの人の謎の行動はこれか!」 と膝を打つ事間違い無しです。

25)

 
37)

53)

03)
12)
22)
31)
56)
08)
24)
33)
43)
52)
21)
32)
41)
50)
04)
15)
27)
40)

以上引用終わり。
電子版STAP論文を修正出来た人間は限られています。
そしてそれはSTAP実験内容を正確に把握している「実験臨場者」であったとも言えるでしょう。


眞葛原雪HP

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ